Live Liteで楽器をRecしよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#4

Live Liteで楽器をRecしよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#4Live Liteから始めよう編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

Live Liteから始めよう編#4~Live Liteで楽器をRecしよう

Live Liteでも、楽器をちゃんとRec出来ます。
押さえるポイントは【アームボタン】【Audio From】【Monitor】の3つ。

akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

楽器をRecするには【オーディオインターフェイス(オーディオI/O)】が必要です。
PCと楽器を橋渡ししてくれるような機材ですね。

オーディオI/Oをつないだあと、設定が必要になることがあります。
それは【バッファサイズ】と【レイテンシー】について。
それぞれ、音の遅れに関わる重要な部分です。
楽器をRecするときに『なんか、音が遅れて聴こえる』なんてときは、それらの設定を気にしてみてください。

で、楽器をRecするときに覚えておくのは

  • アームボタン
  • Audio From
  • Monitor

の3つ。
『楽器の音がLiveから出ない!』ってときは、この3つを確認してください。


Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

アップグレード

オーソライズしたLive Liteを持っている場合は、アップグレード価格でアップグレードできます。
以下のページでご確認を。

ショップページ:Live/Push/Max for Live/関連グッズ | Ableton
AbletonウェブショップでLive を購入

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました