Live Liteで楽器をRecしよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#4

Live Liteで楽器をRecしよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#4 Live Liteから始めよう編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Live Liteから始めよう編#4~Live Liteで楽器をRecしよう

Live Liteでも、楽器をちゃんとRec出来ます。
押さえるポイントは【アームボタン】【Audio From】【Monitor】の3つ。

Live Liteで楽器をRecしよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#4
akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

楽器をRecするには【オーディオインターフェイス(オーディオI/O)】が必要です。
PCと楽器を橋渡ししてくれるような機材ですね。

オーディオインターフェイス接続~Ableton Live講座~楽器接続編#1

オーディオI/Oをつないだあと、設定が必要になることがあります。
それは【バッファサイズ】と【レイテンシー】について。
それぞれ、音の遅れに関わる重要な部分です。
楽器をRecするときに『なんか、音が遅れて聴こえる』なんてときは、それらの設定を気にしてみてください。

バッファサイズの最適化~Ableton Live講座~楽器接続編#2
レイテンシーの最適化~Ableton Live講座~楽器接続編#3

で、楽器をRecするときに覚えておくのは

  • アームボタン
  • Audio From
  • Monitor

の3つ。
『楽器の音がLiveから出ない!』ってときは、この3つを確認してください。


動画○○編まとめ

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

アップグレード

オーソライズしたLive Liteを持っている場合は、アップグレード価格でアップグレードできます。
以下のページでご確認を。

Live、Push、Max for Live、Abletonグッズを購入 | Ableton
AbletonウェブショップでLive 10を購入

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました