Ableton Liveのために開発されたPushはマウスなどよりも感覚的な操作を可能にするので、創作活動に集中できます。
そもそも、Pushはコントローラーではなく楽器です。

ID動画関連
142アクティベートと接続
143Drumの打ち込み~1
144Drumの打ち込み~2
145コードを忙しく押さえる必要は無し
146スケールを知らずともフレーズは作れる
147コードの三角形が苦手なら
148エフェクトを追加
149エフェクトをもっといじる
150楽器屋で触るときはココ!
151覚えておくと便利な操作
152Push1とPush2、どこが違う?
153スケール一覧⇒⇒
154色を変えて視認性UP
155ホットスワップ(Browseボタン)
156サウンドデザイナー 2019年6月号「TREND Voice」解説動画⇒⇒
157Pushは楽器。その理由とは?
158基本セットアップ
159Drum Rackに、入れたい音を入れる
160パラメーターが表示されない??
161Mixボタンの活用
162Mute,Solo,StopClip,Delete,Undo
163Push2でシーンやクリップをコピペする

作って欲しい動画や質問・疑問があればakimがやってる各種SNS、あるいはContactページなどから教えてください。
遠慮はなさらず、お気軽にどうぞ。

Follow me!!