機材

Rack編

Drum Rackのパッドを知りつくそう~Rack編#7~Ableton Live講座[Vol.328]

普段、Drum Rackのパッドを何気なく使って打ち込んでると思います。 ちょっと仕組みを知ると、もっと使えるようになるのではないかと。
Liveであそぼっ♪

Auto Wahを作ってみる~Liveであそぼっ♪#11

今回は【Auto Wah】を作りましたが、仕組みさえわかれば他のエフェクトも作れます。 Max For Liveで1から自作する人もいるでしょうが、既存のエフェクトを組み合わせてってのも面白いものです。
Rack編

マクロをとことん使い倒す!~Rack編#6~Ableton Live講座[Vol.327]

今までの動画でちょこちょこ話に出て来てた【マクロ】についてまとめました。 この1本でマクロのことが全部わかる・・・ように目指したんですが、どうでしょうかね?
Rack編

ステージの味方!チェーンセレクトゾーン~Rack編#5~Ableton Live講座[Vol.326]

「ステージの味方」と書いてますが、制作にも当然有効です。 パッと見「どう使えば??」という機能ですが、理屈を知ればその先はやりたい放題。
Liveであそぼっ♪

ブラウザ内を好みに並べよう~Liveであそぼっ♪#10

Live11からオーディオエフェクトがグループ分けになったんですが、Live10以前からのアップグレードユーザーからすると『???』となることもあるようで。
バンドマンこそAbleton Live

K-MIXをミキサーとして使う~バンドマンこそAbleton Live

K-MIXってホントに多機能で高性能なんですよね。 なので、全体を同時に把握するよりも、使いたい機能ごとに把握した方がたぶんわかりやすいかと(経験談)。 この記事ではK-MIXをミキサーとして使う方法を書きます。
Rack編

音量によって音を変えるベロシティゾーン~Rack編#4~Ableton Live講座[Vol.325]

音量によって音を変えるベロシティゾーン~Rack編#4 ベロシティによって出る音を変える機能についてのお話。たとえば、弱いベロシティだとシンセの音を、強いベロシティだとピアノの音、とかね。 akim is Bass...
equipment

【機材紹介】弦交換の件『DR / MR5-45 HI-BEAM 5-String Medium 45-125 』

なんだかんだで高評価。 安いとは言えないけど、ギラギラ加減や手触りは文句なし。 テンションも「4」を付けたけど、これくらいが一番弾きやすいかなぁ。
Rack編

音程によって音を変えるKeyゾーン~Rack編#3~Ableton Live講座[Vol.324]

音程によって音を変えるKeyゾーン~Rack編#3 チェーンリストを理解したなら、次は【ゾーン】についてです。まずは【Keyゾーン】からいきましょう。音程によって音を変えることが出来ます。 akim is Bass...
Liveであそぼっ♪

ループ素材を作ってみよう~Liveであそぼっ♪#9

音源販売サイトとかでループ素材を売ることもあると思うんですよ。 そんなときのために、このTipsは覚えておくのがおススメです。
タイトルとURLをコピーしました