AbletonLive講座

バンドマンこそAbleton Live

K-MIXをフィジコンとして使う~バンドマンこそAbleton Live

フィジコン、つまり【フィジカルコントローラー】の略ですね。 K-MIXの操作でAbleton LiveなどのDAWを操作するための機材として使います。
Groove編

グルーヴでGrooveを~Groove編#6~Ableton Live講座[Vol.315]

Ableton Liveには【グルーヴ】という、文字通りグルーヴのための機能があります。 コレを使わない手はありません。
バンドマンこそAbleton Live

K-MIXをオーディオI/Oとして使う~バンドマンこそAbleton Live

K-MIXってホントに多機能で高性能なんですよね。 なので、全体を同時に把握するよりも、使いたい機能ごとに把握した方がたぶんわかりやすいかと(経験談)。 この記事ではK-MIXをオーディオI/Oとして使う方法を書きます。
バンドマンこそAbleton Live

K-MIXの下準備をする~バンドマンこそAbleton Live

K-MIXとは、Keith McMillen Instruments(略称KMI)から販売されてる【オーディオI/O兼フィジコン兼ミキサー】です。 まずはもろもろのダウンロードと下準備。
Groove編

HHの音量でグルーヴを出す~Groove編#5~Ableton Live講座[Vol.314]

HHの音量を変えるだけでもGrooveは生まれます。 変え方はいくつかあるので、好みのものをお使いください。
Groove編

Bassにゴーストノートを入れる~Groove編#4~Ableton Live講座[Vol.313]

ゴーストノートを使うか使わないかで、フレーズの表情はまったく違います。 ついでに、おススメのPackもサラっと紹介。
バンドRec編

Rec時のメモ~バンドRec編#8~Ableton Live講座[Vol.312]

Recの最中にMixの要望やアイデアが出た場合はメモしておかなきゃいけません。 では、どこにメモしましょ? どうせメモするならテンプレートがあると便利かも??
バンドRec編

よくあるオーダーへの対応~バンドRec編#7~Ableton Live講座[Vol.311]

Rec時にはバンドさんやヴォーカルさんからいろんな要望が出て来ます。 その要望にスムーズに答えるのはオペレーターの義務と言っても過言ではないかと。
バンドRec編

Rec時のエフェクト~バンドRec編#6~Ableton Live講座[Vol.310]

掛けてRecしても良し、Recしてから掛けても良し。 両方同時にRecする方法もあるし、CPU側の都合もあることも知っておきましょう。
バンドRec編

プリプロを録った後は…~バンドRec編#5~Ableton Live講座[Vol.309]

プリプロの後は本Recとなるわけですが、その際の下準備に役立ちそうな話を少しばかり。
タイトルとURLをコピーしました