Live Liteで打ち込みを始めよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#3

Live Liteで打ち込みを始めよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#3 Live Liteから始めよう編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Live Liteから始めよう編#3~Live Liteで打ち込みを始めよう

打ち込みの基本【ダブルクリック】【ドローモード】を知りましょう。
まずは基本を知っておけば、のちのち応用が利きます。

Live Liteで打ち込みを始めよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#3

ちょっとしたまとめ

まずは空のMIDIトラックにインストゥルメント(音源)をブラウザからドラッグ&ドロップします。
これで、MIDIトラックにインストゥルメントが設定されます。

次に、インストゥルメントを設定したトラックにある空のスロットをダブルクリックします。
これで、空のMIDIクリップが作成されます。

MIDIクリップに【鳴らしたい音を鳴らしたいタイミングで】置いていきましょう。
これが【打ち込み】です。

置き方は【ダブルクリック】か【ドローモード】です。

置きたいところをダブルクリックすれば、音を置けます。
消したい場合は、もう一度ダブルクリックすればOKです。

または、PCキーボードの【B】を押しましょう。
【ドローモード】と呼ばれるモードに入り、マウスカーソルが【鉛筆】に変わります。
この状態で音を置きたい場所をクリックすれば、音を置けます。
消したい場合は、もう一度クリックすればOK。

ダブルクリックでもドローモードでも好きな方法で打ち込めばOK。

僕個人的には、ダブルクリックとドローモードを併用してる・・・かな?


動画○○編まとめ

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

アップグレード

オーソライズしたLive Liteを持っている場合は、アップグレード価格でアップグレードできます。
以下のページでご確認を。

Live、Push、Max for Live、Abletonグッズを購入 | Ableton
AbletonウェブショップでLive 10を購入

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました