Live Liteを使ってみよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#2

Live Liteを使ってみよう~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#2Live Liteから始めよう編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

Live Liteから始めよう編#2~Live Liteを使ってみよう

インストールとオーソライズが完了したら、とりあえず使ってみたくなるのが人の常。
画面がどうこうとか、操作がどうこうとか、いろいろ知りたいこともあると思います。
が、まずは【ドラッグ&ドロップ】と【インフォビュー】を覚えておきましょう。

akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

ここから先、曲作りを打ち込みメインで進めるか、Recメインで進めるかは人それぞれです。
ただ、【操作方法】操作方法は気になりますよね。

Ableton Liveの場合、【ドラッグ&ドロップ】と【マウスをクリック】さえ知ってればどうにかなると言っても過言ではありません。
【ブラウザ】と呼ばれる【エフェクトやインストゥルメント(音源)の一覧】からトラックにドラッグ&ドロップすれば、操作的にはOKなんです。
さらに、エフェクトの順番を変えたいときもドラッグ&ドロップ。
エフェクトのOn/OffやトラックのOn/Offはクリック1つです。

『このつまみはなんだろう』『この機能はなんだろう』と、好奇心旺盛な方は【インフォビュー】を表示しておけばOK。
この画面は知りたい場所にマウスカーソルを持っていけば、機能や使い方などを説明してくれる便利なもの。
いわゆる【学習コスト】を節約できるので、Ableton Live初心者は表示しておくことを僕はおススメします。

アップグレード

オーソライズしたLive Liteを持っている場合は、アップグレード価格でアップグレードできます。
以下のページでご確認を。

ショップページ:Live/Push/Max for Live/関連グッズ | Ableton
AbletonウェブショップでLive を購入

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました