Olympus Elements~Ableton Live講座~Packのススメ編#6

Olympus Elements~Ableton Live講座~Packのススメ編#6 Packのススメ編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Packのススメ編#6~Olympus Elements

【バーチャルコーラスアンサンブル】を提供してくれるこのPack。
母音や鼻音を基本とした声素材が豊富に入っています。
その中で、音階ごとに【Ah】と入っている素材中の素材をどう使おうか、というお話。

akim is Bassist

Packのススメ編再生リスト

ちょっとしたまとめ

PackのSamples(オーディオクリップ)は便利なんですが、時々入っているこんな波形のクリップ。

これをどう使おうかな?的な。
好きなように使ってOKなんですが、こういう方法もありますよ?って提案です。

  1. Simplerにオーディオクリップを入れる
  2. Slice画面を開く
  3. Sliceモードを【Beat】にする
  4. スライス場所を微調整(地味作業その1)
  5. 右クリックから【Drum Rackにスライス】を選択
  6. Drum Rackのパッドをわかりやすい名前にリネーム(地味作業その2)
  7. フレーズ作りを開始!

って感じです。

Drum Rackにスライスしなくても、Simpler内で鳴らせるんですがね。
どの音を鳴らすかを目で見ながらってのはかなり楽になるし、「どの音」に名前を付けられるのもメリットの1つ。

Olympus Elements
詳細 プロ作曲家、ソングライター、ホビイスト向けにデザインされたOlympus Elementsは、壮大なサウンド、効率に優れユーザーフレンドリーなバーチャルコーラスアンサンブルを提供します。複雑なフレーズ構築、チャンネルルーティング、煩雑な歌詞アレンジを必要としません。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました