歪み以外にも使える【Overdrive】~エフェクト編#28~Ableton Live講座[Vol.344]

エフェクト編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

歪み以外にも使える【Overdrive】~エフェクト編#28

【歪み】の代表格の1つである【Overdrive】。
歪ませる以外にも使えるんですが、意外と知られてないような???

akiMusic

エフェクト編再生リスト

エフェクト編~akiMusic

ちょっとしたまとめ

【歪み】を【ひずみ】と読むと理系で、【ゆがみ】と読むと文系って話がありますね。
でも音楽を多少なりともやってると【ひずみ】と読む人が多いんじゃないかと。

ま、それはどうでもいいんですが。

Ableton Liveの【Overdrive】の場合、入力された音は【バンドパス・フィルター】に入ります。
どの音域を歪ませるかを決めるわけですね。
次に【Drive】で歪みの量を、【Tone】で音の明暗を決めます。
【Dynamics】でコンプレッションの掛かり具合を、【Dry/Wet】で原音とエフェクト音のバランスを決めます。

表立って歪ませるのは気持ちいいですよね。
でも、裏側に入れて音に存在感を持たせるのもアリなんです。
動画内では、Drum Rackのリターンに【Overdrive】を入れてHiHatに存在感を持たせてます。
『EQやCompだとちょっと違うんだよな~』なんて時にでもお試しください。


Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました