エフェクト編

エフェクト編

Delayは遅れるだけじゃない~エフェクト編#21~Ableton Live講座[Vol.321]

Delayは文字通り「音を遅らせる」エフェクトですが、ModulationをいじればDelayとは思えないエフェクトを作り出すことも出来ます。 基本的な使い方から応用編までお話します。
エフェクト編

Cabinetはスピーカー部分~エフェクト編#20~Ableton Live講座[Vol.320]

アンプのスピーカー部分のモデリングだけではなく、マイクの設置位置も選べます。 複数のマイクを設置した状態にするTipsもお話します。
エフェクト編

Ampとは文字通りアンプ~エフェクト編#19~Ableton Live講座[Vol.319]

GtやBaに掛けると本領発揮するというか、それがやはり王道の使い方。 もちろん、GtやBa以外に掛けるのもアリアリ。
エフェクト編

Auto Panで右へ左へ~エフェクト編#18~Ableton Live講座[Vol.318]

エンベロープを書き込んで自動でパンニングする方法もアリですが、それじゃ出来ない効果をAuto Panで得ることが可能。 パラメーターをちょっと覚えれば、思った以上に使えます。
エフェクト編

LFOの使い方~Ableton Live講座~エフェクト編#18

LFO自体は音を変えるデバイスではありません。 でもLFOを使うことによって、いろんなパラメーターを動かせます。
エフェクト編

Tuner代わりにSpectrum~Ableton Live講座~エフェクト編#17

【Tuner】が反応しないような短い音のときに役立つのが【Spectrum】。 音を視覚化するデバイスなんですが、さて、どう使いましょう?
エフェクト編

Tuner~Ableton Live講座~エフェクト編#16

Tuner自体が音を変えることはありません。 文字通りチューニングするデバイスです。 でも、上手く使うと曲全体がまとまります。
エフェクト編

External Audio Effectの音ズレを補正する(ハードウェアレイテンシー)~Ableton Live講座~エフェクト編#15

外付けした実機エフェクターを通すと生まれるレイテンシー(音の遅延)。 それを、External Audio Effectの機能を使って対策。
エフェクト編

External Audio Effectを使って実機エフェクターを活かす~Ableton Live講座~エフェクト編#14

実機エフェクター(ペダルエフェクター)を活用しよう、というお話。 この方法なら「昔Recしたあのテイク」も利用できる・・・かもしれない。
エフェクト編

実機エフェクターの音を外付けして使いたい~Ableton Live講座~エフェクト編#13

エフェクト編#13~実機エフェクターの音を外付けして使いたい External Audio Effectを使うとペダルエフェクターの音を使うことも可能になります。まずは、基礎知識的な部分から。 実機エフェクターの音を外...
タイトルとURLをコピーしました