Ampとは文字通りアンプ~エフェクト編#19~Ableton Live講座[Vol.319]

エフェクト編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

Ampとは文字通りアンプ~エフェクト編#19

GtやBaに掛けると本領発揮するというか、それがやはり王道の使い方。
もちろん、GtやBa以外に掛けるのもアリアリ。

akim is Bassist

エフェクト編再生リスト

エフェクト編

ちょっとしたまとめ

【Amp】は、文字通りアンプを模したエフェクトです。
なので、アンプを使ったことがあるGt弾きやBa弾きであれば馴染みのあるインターフェイスだと思います。

まずはアンプのモデルを選びましょう。
次に【Gain】で入力を、【Volume】で出力をそれぞれコントロールします。
GainからVolumeの間にはEQのつまみがあるので、高中低音域を整えましょう。
【Presence】は音の輪郭をハッキリさせたときに使うと、いい働きをしてくれます。

実機のアンプだとあまり見ないのは【Mono / Dual】ですかね。
Monoはモノラル、Dualはステレオを意味します。
ステレオ効果を持ったエフェクトを使うときは【Dual】にしないとステレオ効果が半減します。


Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました