いつ、どこで繰り返す?【Beat Repeat】~エフェクト編#26~Ableton Live講座[Vol.339]

エフェクト編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

いつ、どこで繰り返す?【Beat Repeat】~エフェクト編#26

入力した音を繰り返す【Beat Repeat】。
設定したタイミングで繰り返すも良し、繰り返したいときに繰り返すも良し、偶然性を持たせるも良し、リターンエフェクトとして使うも良し。

akiMusic

エフェクト編再生リスト

エフェクト編

ちょっとしたまとめ

基本的な使い方はウィンドウを頼りにするのがおススメです。
リピートの周期を決める【Interval】や、周期のどこでリピートするかを決める【Offset】、音量と減衰を決める【Volume】【Decay】などもウィンドウに表示されます。

決められたリピートだけじゃつまらない場合は【Chance】【Variation】を活用すればOK。
【Chance】はリピートする・しないを確率によって操ります。
【Variation】はリピートの仕方にバリエーションを持たせます。

IntervalやOffsetで決めたタイミングではないけど『この瞬間にリピートしたい!』という場合は【Repeat】ボタンをOnに。
点灯中はずっとリピートしてくれます。

【Filter】をOnにすればリピートさせる音域を設定出来ます。

【Pitch】【Pitch Decay】を使えば、リピートした音のピッチ(音程)を操れます。

Beat Repeatをリターンエフェクトに使うという方法があります。
その前に【Mix】【Ins】【Gate】の3つのボタンを知っておきましょう。

  • Mix・・・原音と、エフェクト音(リピートされた音)が両方出力される
  • Ins・・・Insertの略。リピート時にはエフェクト音のみが、リピート時以外には原音が出力される
  • Gate・・・リピート時のエフェクト音のみが出力される(原音はミュートされる)

リターンエフェクトとして使う場合には【Gate】がおススメ。
【Chance】を少し低めにして、【Variation】を高く設定すれば、思いもよらない結果が得られることもアリ。
2拍4拍のスネアや単純な4分打ちのHHからリズムパターンを産み出すことも出来ますよ。

Facebook

Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました