音程によって音を変えるKeyゾーン~Rack編#3~Ableton Live講座[Vol.324]

Rack編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

音程によって音を変えるKeyゾーン~Rack編#3

チェーンリストを理解したなら、次は【ゾーン】についてです。
まずは【Keyゾーン】からいきましょう。音程によって音を変えることが出来ます。

akim is Bassist

〇〇編再生リスト

Rack編

ちょっとしたまとめ

【Key】というボタンをクリックすると出てくる【Keyゾーン】。
音程によってどの音を出すかを設定出来ます。

たとえば低音はBassにして、高音はマレットとか。
フェードで馴染ませることによって、より複雑な音作りも可能です。

KeyゾーンはインストゥルメントラックとMIDIエフェクトラックに搭載されてます。
インストゥルメントラックは、インストゥルメントとオーディオエフェクトと組み合わせたものも作れるので音作りに幅が出ますなぁ~。


Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました