【機材紹介】弦交換の件『DR / MR5-45 HI-BEAM 5-String Medium 45-125 』

equipment

楽器屋さんで【弦を買ってくれたらネックの調整とか無料でやりますよ~】というキャンペーンをやっていたので、足を運びました。
ただ、いつも使っているJim Dunlopのマーカス・ミラーモデルの弦がそのお店に無くてですね。。。
代わりに買ったのがこの【DR / MR5-45】だったわけです。

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

DR / MR5-45 HI-BEAM 5-String Medium 45-125

基本データ

  • メーカー・・・DR ( ディーアール )
  • 型番・・・MR5-45 HI-BEAM 5-String Medium 45-125
  • 使用ベース・・・Freedom Custom Guitar Research / Dope Grape(34インチ)

感想

Jim Dunlopのマーカス・ミラーモデルの弦に比べるとちょっとLowが弱いかなぁ。
ベース本体のトーンは、あまりブライトにしない方がいいね。
すごいギラギラ感ですわ。

弦自体のテンションはやや柔らかめ。
でも弱いわけではなくて、指で弾いてもスラップで弾いても丁度いい戻り具合。
もしかして、Jim Dunlopよりもこっちの方が弾きやすいかも?

まだ貼った直後なので寿命はサウンドハウスのレビューを参考にしました。
何かあったら修正するかも。

不満は・・・価格かなぁ。
価格分、長持ちしてくれれば嬉しいんだけど、ランニングコストを考えると高い評価は付けられないよね。

評価

なんだかんだで、そこまで悪くない。
安いとは言えないけど、ギラギラ加減や手触りは文句なし。
テンションも「4」を付けたけど、これくらいが一番弾きやすいかなぁ。

ん~~、Jim Dunlopのマーカス・ミラーモデルの弦から乗り換えるかも。。。

DRの定番ステンレス弦、HI-BEAMの5弦ベース用モデルです。パンチがあって抜けの良いモダンなサウンドは、ハイビームならではの特徴。明るすぎずバランスのとれた音色をもたらし、あらゆるジャンルで活躍します。

スーパー・ベーシストMarcus Millerシグネチャーベース弦。マーカスの特徴的なサウンドを生み出す画期的なベース弦です。

レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG

8イン&10アウトのオーディオインターフェイスとプログラム可能のミキサー、そしてMIDIコントロールサーフェスまで備え、シンプルを究めたデザインにより優れた耐久性を誇る次世代デバイス
ESS SABRE 32 DAC搭載 4in 4out オーディオインターフェイス
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

コメント

タイトルとURLをコピーしました