Humanize~Live 12編8回目~Ableton Live講座[Vol.425]

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

Live 12編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

Humanize~Live 12編8回目

VelocityのRandomizeが上下の変化なら、Humanizeは前後の変化。
グリッドからちょっとずつずらしてくれます。

akiMusic

Live 12編再生リスト

Live 12編

ちょっとしたまとめ

チャプター参考

0:47 Humanize
3:23 ちょっと応用
5:31 今回のまとめ

Humanize

基本的にはVelocityやChanceのRandomizeと同じような使い方。
掛け具合を%で決めて【Humanize】ボタンを押せばOK。

あるいは、ノートを選択した状態で%を動かせばウニョウニョとノートが前後にズレてくれます。

ちょっと応用

Humanizeだけでも楽しいんだけど、他の機能と組み合わせるともっと楽しいよ?的な。

【Strum】で和音のタイミングをずらします。
Gtのアップストロークやダウンストロークを模した機能なので、一番最初に発音するのは和音の中の最高音か最低音のどちらかになります。

さらに【Humanize】でタイミングをずらします。
Humanizeはストロークを模したわけではないので、最初に発音するのは最高音でも最低音でもない可能性が生まれます。

さらにさらにVelocityの【Randomize】でVelocityに動きを与えます。

これで、単純なベタ打ちから卒業出来る!…かも?
いや、たぶん卒業出来ます。

Live 12の新機能 | Ableton
Ableton Live 12の新機能、デバイス、サウンド、 ワークフローのアップデートをチェック。

Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

新しい【Live】登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました