右耳と左耳のカオス【Speed Shifter】~M4Lのススメ編#6~Ableton Live講座[Vol.371]

M4Lのススメ編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

右耳と左耳のカオス【Speed Shifter】~M4Lのススメ編#6

右耳だけ速くしたり逆再生させたりFeedback足したり。
左耳も同様に、そんなことが出来るエフェクトです。

akiMusic

M4Lのススメ編再生リスト

M4Lのススメ編

ちょっとしたまとめ

チャプター参考

0:37 聴いてみよう
1:18 つまみを知ろう(Speed, Feedback, Length, FB Clipping, Dry/Wet)
5:50 遊んでみよう(Macroを使おう)
9:22 今回のまとめ

聴いてみよう

まずは音を聴いてみましょう。
右耳と左耳から違う音が聴こえるので、ヘッドフォンとかの方がいいかもです。

つまみを知ろう

右と左、それぞれに準備されてるパラメーターが3つ。

  • Speed⇒再生スピード。マイナス値は逆再生
  • Feedback⇒出力した音をもう一度入力するパラメーター
  • Length⇒ディレイタイムみたいなもの。設定した時間後にエフェクト音が聴こえてくる

全体にかかるパラメーターが2つ。

  • FB Clipping⇒Feedbackの値をどこで頭打ちさせるかを決めるパラメーター
  • Dry/Wet⇒原音とエフェクト音をどれだけ混ぜるかのパラメーター

遊んでみよう

仕組的には難しくないので、パラメーターをグリグリいじれば楽しめます。
が、それではちょっとつまらないかなとも思うので、Macroに設定してみました。
右耳を速くすれば左耳を遅く、のように右と左で働きを反対にしてみました。

ま、こういうのもアリかなって。

『このデバイスがそもそも入ってない』って場合は、以下のページをご確認を。
Live 11 Suiteなら無償で付いてきます。

The Forge
実験精神豊かに制作されたThe Forge by Hecqでは、IDMとグリッチがより現代的に解釈され、そこにシネマティックなサウンドデザインの要素が絶妙に加えられています。

Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました