名前そのままの働き【Note Length】~エフェクト編#37~Ableton Live講座[Vol.365]

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

エフェクト編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

主要機能を備えた低価格版 ー 16トラック、5GB以上のサウンドを収録
38GB以上の音素材と、一部のインストゥルメントとエフェクトを搭載したLiveのフル機能モデル
71GB以上にも及ぶ多彩な音素材と、LiveおよびMax for Liveすべてのインストゥルメントとエフェクト搭載した最上位モデル
Ableton Pushは、ほかのものに気を取られることなく、表現力豊かな演奏、制作、パフォーマンスするための楽器です

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

名前そのままの働き【Note Length】~エフェクト編#37

着信したMIDIノートの長さを変えるのがメインの役割。
ノートオフ時に発音させたり、音程によって長さを変えたりすることも守備範囲。

akiMusic

エフェクト編再生リスト

エフェクト編

ちょっとしたまとめ

チャプター参考

0:59 どんなエフェクト?
1:24 Trigger(Note On / Note Off)
4:25 音の長さ(Time / Sync / Length / Gate)
5:24 Note Offなら(Release Vel. / Decay Time / Key Scale)
7:24 こんな使い方(音のキレ、意図的ズラし、適当な譜割からメロディ)
12:34 今回のまとめ

どんなエフェクト?

【Note Length】に入ってきたMIDIノートの長さ(音価)を変えるエフェクトです。

Trigger

着信したMIDIノートの発音タイミングを決めます。

【Note On】だと、MIDIノートが着信したときに発音します。
【Note Off】だと、MIDIノートが終わったときに発音します。

言い換えれば、PushのパッドやMIDIキーボードの鍵盤を押したときに発音するのが【Note On】。
パッドや鍵盤から指を離したときに発音するのが【Note Off】です。

音の長さ

【Time】はms(ミリセカンド)、【Sync】はマスターテンポに追従して○分音符に変換します。

【Length】がTime/Syncによって単位が変わるので、長さを決めます。

【Gate】の数値を下げるとスタッカートに、上げるとレガートになります。
200%にすると、Lengthで決めた長さの倍になります。

Note Offなら

Triggerを【Note Off】にしたときだけ使えるパラメーターが3つあります。

【Release Vel.】は出力ノートのベロシティを決めます。

【Decay Time】は、入ってきたノートのベロシティがゼロになるまでの減衰時間を決めます。

【Key Scale】はノートの音程によって長くしたり短くしたり出来ます。
【C3】を基本として、正の値の場合はC3より高いと短くなり、C3より低いと長くなります。
負の値の場合は、これと逆の動作になります。

こんな使い方

たとえば、音にキレを与えたいとき。
【Gate】の値を小さめにすることによって音が短くなるのでキレが生まれます。

たとえば、意図してズラシたいとき。
【Note Off】にしてリサンプリングすれば、ズラしたフレーズを作ることが出来ます。

たとえば、適当な譜割からメロディを作りたいとき。
【Note Length】と、【Random / Scale / LFO】を組み合わせてメロディを自動生成することが出来ます。

他にもいろいろ試してみてください。
きっと面白い使い方がまだまだあるはずです。

https://www.ableton.com/ja/manual/live-midi-effect-reference/#25-3-note-length
主要機能を備えた低価格版 ー 16トラック、5GB以上のサウンドを収録
38GB以上の音素材と、一部のインストゥルメントとエフェクトを搭載したLiveのフル機能モデル
71GB以上にも及ぶ多彩な音素材と、LiveおよびMax for Liveすべてのインストゥルメントとエフェクト搭載した最上位モデル
Ableton Pushは、ほかのものに気を取られることなく、表現力豊かな演奏、制作、パフォーマンスするための楽器です

Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

新しい【Live】登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

コメント

タイトルとURLをコピーしました