ライブに必須の神デバイス【Map8】~M4Lのススメ編#1~Ableton Live講座[Vol.366]

M4Lのススメ編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

ライブに必須の神デバイス【Map8】~M4Lのススメ編#1

ライブをやるとき、各トラックのEQ調整等が必要なことがあります。
そのとき、各トラックをいちいち開くのは面倒ですよね。
その作業を楽にするのがこの【Map8】。

akiMusic

M4Lのススメ編再生リスト

M4Lのススメ編

ちょっとしたまとめ

チャプター参考

0:38 どんなデバイス?
1:31 マッピング
4:11 こんな使い方
5:48 今回のまとめ

どんなデバイス

その名の通り、マッピングするデバイスです。
マッピング出来るパラメーターは8個。
だから【Map8】なんですね。

マッピング

マッピングはLFOなどと同様です。

  1. Mapボタンを押す
  2. マッピングしたいパラメーターをクリック

これだけ。

重要なのは、Map8を入れたトラック以外のデバイス(エフェクトやインストゥルメント)のパラメーターもマッピング出来ること。

こんな使い方

僕の場合、ライブで使うLive Setによく使います。

Map8専用のトラックを作って、そこにMap8を入れます。
そして、各トラックに入れておいた【EQ Three】のパラメーターをマッピングします。
このときLowならLowを、HiならHiをまとめてMap8にマッピングします。
これでハコによる音の差、たとえば『低音が回りやすい』とか『高温がキンキンする』などの状況に対応しやすくなります。

Map8専用のトラックを作るのは、操作をしやすくするため。
どこに入れたかわかりやすい方が何かと便利なんで、ね。

Max for Live Essentials
Max for Live Essentialsは、Max for Liveで作成されたLive 9用オーディオエフェクト、MIDIエフェクト、シンセサイザー、コントロールデバイスのコレクションです。

Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました