MIDIコンを使う~Stage編#5~Ableton Live講座[Vol.301]

Stage編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

MIDIコンを使う~Stage編#5

マウスやPCキーボードだけでライブパフォーマンス中の操作を完遂させるのはなかなかに難しいものです。
なぜなら、ライブ中は緊張してるから。。。

MIDIコンを使う~Stage編#5~Ableton Live講座[Vol.301]
akim is Bassist

Stage編再生リスト

ライブでLiveを使う~Stage編#1~Ableton Live講座[Vol.297]
Stage編再生リスト

ちょっとしたまとめ

MIDIコンは多々あります。
なので【自分がライブパフォーマンスをどうやりたいか】をまずは考えましょう。
それによって、どんなMIDIコンが必要なのかがおぼろげながら見えてくるはずです。

MIDIコンを手で扱うか、足で扱うか。
つまみが欲しいか、フェーダーが欲しいか、パッドが欲しいか。
サイズは大きい方がいいのか、小さい方がいいのか。

これだけでもだいぶ絞り込めるはずです。

僕の場合、手にはBassを持つことになるので足で扱うのが必須です。
よって、お気に入りはこちら。

ギターやベースを弾きながら、キーボード音源を重ねたり、など足下でのキーボード操作が可能なMIDIフットコントローラー
スマートセンサー技術を搭載した10個のパッドは上下左右のほか圧力をも感知し、最大6つまでの信号を送信することが可能です

手で扱うのであれば、やはりPushが最強。

Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

その他、人気があるのは以下かな??

直感的かつ快適なAbleton Live 10の操作を実現するMIDIパッド/コントローラー
Launch Control XLは、Ableton Liveに最適化されたコントローラーです。16のボタン、24のノブ、そして8本のフェーダーを備え、ユーザーをコンピューターの画面から解放し、パフォーマンスや音楽制作に集中させることができます
最新のデザインと技術を集結した、超小型でスリムなフィジカル・コントローラー
Ableton Live専用のコントローラーです。Ableton Liveユーザーのフィードバックを反映し、抜群の相性を誇ります。クリップの呼び出し、再生、録音を、コンピュータの画面を見なくても直感的に操作することができます

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました