カテゴリー: ベースライン制作所

ピアノロールで打ち込んでるだけじゃわからないのが、指板上での移動。 単にアレンジするだけならあまり気にしないんだろうけど、プレイヤーとしてはけっこう気を使う部分だったりするんだな、コレが。 【ベースラインの作り方】を主軸 […]

続きを表示

【コード】とか【コード進行】って、入門者に説明するのってけっこう難しい部分だと思うんだよね。 でも重要だから、ホントは最初に覚えちゃった方が楽だったりするんだよなぁ。 【ベースラインの作り方】を主軸に記事を書くカテゴリー […]

続きを表示

バンドで曲をやるなら、コード進行の話は必ずと言っていいほど出てくる。 理論本とかで調べたら【コードとは和音】とか書いてあって、【コード進行とはそのコードをつなげたモノ】とかも書いてある。 さらに、コードには響きがあって明 […]

続きを表示

バンドメンバーが作ってきた曲(コード進行付き)にベースラインを付けるとき、どうしましょ? ルート音を刻むのも良し、コードトーンだけで攻めるのも良し。 それでも物足りなければコードトーン以外の音を使うのも、アリ。 【ベース […]

続きを表示

さて、バンドメンバーがコード進行とメロディラインを作ってきました。 アレンジは各パートに任す、とのこと。 ベースライン、どうします? 脱ルート音一発 コードのルート音(トニック)一発で刻み続けるってのもカッコいいよね。 […]

続きを表示
ベースライン制作所~『音楽理論の知識って必要なの?』問題を考察

音楽制作に理論が必要かどうか、って問題あるよね? この問題に対して『理論なんか必要ない』って人もいるし、『理論は勉強した方がいい』って人もいるし、『中途半端に勉強するくらいならしない方がいい』って人もいるよね? この辺、 […]

続きを表示

【ダブル・ストップ】とは、弦を2本使った和音のこと。 3本使ったら【トリプル・ストップ】。 弾き語りみたいな和音だけじゃなく、ソロのアクセントとかに使いやすいのは前回よりもこっちかな!? 前回のはこちら↓ 隣り合った弦の […]

続きを表示

【ダブル・ストップ】とは、弦を2本使った和音のこと。 3本使ったら【トリプル・ストップ】って言います。 最近はBass弾き語りみたいのも多いので、和音を弾くBass弾きも増えましたねぇ。 じゃあ、自分で作るときはどうすれ […]

続きを表示

今だと【ゴーストノート】って言い方が主流だと思う。 少し前なら【ミュート音】とか【空ピック】とか言ってた気が。 【グレースノート】って言い方もあるよね。 英語だと【Grace note(グレースノート)】が主流らしいんだ […]

続きを表示

8ビートって和製英語なんだね。 英語だと【8th note feel】か【8th note rhythm】になるそうな。 音楽英語は覚えておいた方が情報収集に有利だから覚えておこう。 さて、今回は【8分を刻む】けど8ビー […]

続きを表示