新規セットからDrumまで~Note編#2~Ableton Live講座[Vol.382]

Note編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

新規セットからDrumまで~Note編#2

まずはDrumから打ち込む人が多いかな?
そのためには新規セット作ったり、テンポ決めたりなんだりかんだりも必要ですね。

akiMusic

Note編再生リスト

akiMusic~Note編

ちょっとしたまとめ

チャプター参考

1:24 新規セット
2:13 音色選び
3:18 テンポは?
4:19 基本はキャプチャ
5:39 クオンタイズ
6:43 ノートの移動
8:01 リピート
9:36 ベロシティ
10:37 トランスポーズ
11:21 今回のまとめ

‎Ableton Note
‎Note is a place to form ideas, experiment with sounds and find direction. Get your ideas out or play until inspiration hits using a selection of Ableton Live’s...

基本はキャプチャ

もろもろの操作は動画をご覧いただくとして、Noteの基本設計というか基本思想というか【キャプチャ】の話を。

Ableton Liveを使ってる方はご存知であろう、この機能。
MIDI楽器を弾いていて『あ、今弾いたフレーズ良かった』と思ったら、キャプチャボタンを押せばAbleton Live上で使えるようになる機能ですね。
ドラレコやハンディレコーダーでRecボタンを押していなくても、数秒さかのぼってRecデータとして保存出来る機能と似た感じでしょうかね。

Noteはこの【キャプチャ】を繰り返してフレーズを作っていきます。

DAWでの打ち込みのように【何小節目の何拍目にKick】のような作り方はありません。
キャプチャで上手くいかなかったところは【クオンタイズ】や【ノートの移動】で修正していきます。

慣れないうちは『ん??』となるかもしれませんが、直感に直結するこの操作は頭の中に浮かんだ曲をスケッチする最適の方法と僕は思います。

まずはDrumパターンから作ってみましょう。


Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

Live11登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました