プラグインを使おう!~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#9

Live Liteから始めよう編#9 Live Liteから始めよう編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Live Liteから始めよう編#9~プラグインを使おう!

音源やエフェクトを追加する【プラグイン】という機能がAbleton Liveにはあります。
(Ableton Liveだけじゃなく多くのDAWにも搭載されてますが)
で、Live Liteでもプラグインが使えるのです。

プラグインを使おう!~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#9
akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

【プラグイン】ってのは、規格です。
各メーカーがその規格に沿った環境をDAWに用意したり、その規格に沿ったプラグインを販売したりするわけですね。

なので、規格はいくつか存在します。

  • VST…Steinbergが開発した、WindowsでもMacでも使える規格。プラグインの規格の中で、最も一般的。進化したVST2やVST3という規格もある。
  • AU(Audio Units)…APPLEが開発したMac用の規格。
  • AAX…Pro tools用の規格。

このうち、Ableton Liveで使えるのは

  • Windows…VST2/VST3
  • Mac…VST2/VST3/AU

です。

プラグインをインストールする際、近頃はメーカーが配布しているなんらかのソフトを経由しての方法が一般的です。
手順としては

  1. メーカーから配布されているインストール用ソフトをダウンロード
  2. ダウンロードしたソフトをインストール
  3. インストールしたいプラグインをインストール

と、なります。

インストール用ソフトをインストールする際に【アカウント作成】を求められることもあります。
これは、アカウントとダウンロードしたプラグインを紐づけすることによって、再インストールする際の手間を省くためのものです。
PCを新しくしたときなんかはすごく便利ですね。

で、プラグインは有償・無償問わずに存在します。
無償でも高評価のものはたくさん存在するのでいろいろ探してみてください。
ちなみに、動画内でダウンロードしたプラグインはこちらからです。

Blue Cat's Freeware Plug-ins Pack II - Download Freeware Audio Plugins (VST, VST3, AAX, Audio Unit) (Freeware)
The good old (and new) Blue Cat Audio freeware audio plug-ins gathered together in a single package: all plug-ins are entirely free (no dongle, no registration ...

動画○○編まとめ

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

アップグレード

オーソライズしたLive Liteを持っている場合は、アップグレード価格でアップグレードできます。
以下のページでご確認を。

Live、Push、Max for Live、Abletonグッズを購入 | Ableton
AbletonウェブショップでLive 10を購入

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました