交響曲 第40番 第一楽章(モーツァルト)~週一~克服編

交響曲 第40番 第一楽章(モーツァルト)~週一~克服編 週一フレーズ

しばらく演歌シリーズをやってきた週一フレーズ。
まだやりたい曲があるんですけど、ここでいったん小休止をば。
気付けば3ヵ月半やったし。

週一フレーズとは、毎週1曲、ループ素材+Bass演奏で創るTrackとakimが定めたもの。
【毎週水曜日に公開】【ループ素材をあれこれイジる】【ベースライン以外にもメロやコードもBassで演奏】の3点を基本ルールとして、童謡や有名曲を1分程度のTrackにする(たまに違うこともアリ)。

克服編開始

小休止をして何をするのかと言えば。
今まで演った曲の中で『もう一回挑戦しよう!』と思った曲がいくつかありまして。

個人的な話なんですが、今、自分を取り巻く状況が変わり始めてまして。
なので、この辺をクリアしてスッキリしたいな、と。

気分的に「リベンジ」ではないので「克服編」として始めます。

交響曲 第40番 第一楽章

前回やったときの映像はこちら。

交響曲 第40番 第一楽章(モーツァルト)~週一フレーズ

なんつうか、悪い意味でやばいよね(-_-;)
このときのブログにも【まるで、戦に負けてウ●コ漏らした状況の絵を自戒のために家臣に描かせた家康の心境。】って書いてました。

さて、今回はどうかなぁぁぁぁぁぁ???

主使用機材

動画

交響曲 第40番 第一楽章(モーツァルト)~Bass Arrange

ポイント

やっぱ、最後の16分音符が続くところかなぁ。
ハイポジションでピロピロなフレーズをスラップで弾くってのは、ちょっと難易度高いしね。

8分と16分が入れ替わり立ち代り出てくるのもいいリズムトレーニングになるね。

ルートを親指で叩いて6thをプルってのは、あまりやらない運指だなぁ。
でも、面白いかも、コレ。
応用が利きそうだな。

Bass以外の後ろの音は前回のとほぼ同じ。
エフェクトのかけかたで遊んでる感じ。
あと、前回はLive9だったから、音がちょっと変わったね^^

さて。
克服とは言えないけど、一矢を報いたかなぁ。


レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG
プレゼンやスタジオでの使用目的で入手。2in4outの優れもの
akimが普段使っているオーディオI/O。マイクやヘッドフォンが付いたお得なセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました