弦楽のためのセレナーデ 第1楽章~週一フレーズ

弦楽のためのセレナーデ 第1楽章~週一フレーズ 週一フレーズ

今週は【チャイコフスキー】。
【白鳥の湖】とか【くるみ割り人形】とかが有名だよね。

週一フレーズとは、毎週1曲、ループ素材+Bass演奏で創るTrackとakimが定めたもの。
【毎週水曜日に公開】【ループ素材をあれこれイジる】【ベースライン以外にもメロやコードもBassで演奏】の3点を基本ルールとして、童謡や有名曲を1分程度のTrackにする(たまに違うこともアリ)。

リズムの天才?

【白鳥の湖】のようなメロディアスな曲が代表的・・・かと思いきや、【リズムの天才】という呼び名もあるそうな。
たしかに【くるみ割り人形】の導入部は印象的なリズムだし、主題部分もメロがハネてるのにベースラインはウォーキング・ベースみたいな感じなんだよね。
言われてみれば、すごいことだ。

チャイコフスキー:組曲《くるみ割り人形》第2曲.「行進曲」

実は、くるみ割り人形もやりたい曲の1つ。
いつやろうかな。

弦楽のためのセレナーデ 第1楽章

例の如く、一部抜粋でお送りします。
原曲はもっと長いみたい。

【セレナーデ】(セレナードやセレネイドとも呼ばれる)は【親しい相手や、その他の称賛すべき人物のために、夕方しばしば屋外で演奏される音楽】を指す音楽用語。

Wikipediaより参照)

一般的には【恋人や女性を称えるために演奏される楽曲、あるいはそのような情景】という意味になるらしい。

主使用機材

動画

弦楽のためのセレナーデ 第1楽章

譜面

シャッフルの指定があるんだけど、テンポが遅いからハネというよりタメの指定に感じるね。
まあ、こういうテンポでもグルーヴを出すいい練習になると思っての選曲ですが。

アレンジ的には、最近ハマッてる【メロ+ボトム+裏メロ】って感じです。
裏メロが作るコード感とか、メロディへのカウンターとかが面白くて。
しばらくこのパターンは続く・・・かも。
ってことで、譜面も裏メロパートです。

(間違えてメインメロの譜面をアップしてたので、7月9日に差し替えました。すいませんm(_ _)m)


レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG
プレゼンやスタジオでの使用目的で入手。2in4outの優れもの
akimが普段使っているオーディオI/O。マイクやヘッドフォンが付いたお得なセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました