Live9のエフェクトを遊ぶ。10『Old Sampler…』

Live9のエフェクトを遊ぶ。10『Old Sampler...』 Ableton Live9


最後の ... までが正式なエフェクト名です。
今回は名前から想像がつくエフェクトにしてみました。

サウンドハウス

Old Sampler...

公式マニュアル

Liveオーディオエフェクトリファレンス — Abletonリファレンスマニュアル バージョン10 | Ableton

居場所

Audio Effects⇒Redux⇒Old Sampler...

意味

Redux:帰ってきた(例:帰ってきたウルトラマン) Returnよりも固い言い方らしい

重要なつまみ

下側のつまみ【Downsample】がわかりやすいかと。

遊んでみよう

Acoustified Kit 10でビートを作成しOld Sampler...を差込みます。

Live9のエフェクトを遊ぶ。10『Old Sampler...』

OnとOff

素の音はこんな感じ。

Onにしてみると、こんな感じ。
聴けばすぐに『変わった!』と思いますね。

Downsample

次はDownsampleをいじったもの。
数値をどんどん上げていきます。

公式マニュアルによるとReduxは“画像にモザイクエフェクトをかぶせた状態を想像すると分かりやすい”とあります。
いい例えだと思います。

Vinyl Distortion

せっかくならもう少し汚してみようと思ったのでVinyl Distortionも差込み。
プリセットの【Vinyl】のVolume,Tracing,Pinchを好みに調整し、DensityをオートメーションRec。
Old SamplerのDownsampleもオートメーションRec。

だいぶ汚れましたねぇ。

動きはInstaでどうぞ。

Old Samplerでノスタルジックにしてから、Vinylでさらに汚してみた。 #ableton #Live9 #DAW

akimさん(@akim.is.bassist)が投稿した動画 -

使いどころ

『Awfull(Vinyl Distortion)のようなパチパチ音はいらないけど、ちょっと古臭い音を出したい』なんてときにいいですね、これ。
今回はDrumトラック全体にかけてますけど、スネアだけにかけても面白いかも。

‡ポイント‡
『古き良き~』感が満載




コメント

タイトルとURLをコピーしました