Live9のエフェクトを遊ぶ。04『Copycat』

Live9のエフェクトを遊ぶ。04『Copycat』 Ableton Live9


音にふくらみを持たせるために【Pan(定位)を動かして左右に広げる】という方法があります。
僕はSynthとかに使ったりすることが多いんですが、今回はビートに掛けてみます。
ていうか、よくわからずにビートに使ったら『面白いな』と思ったんで笑

サウンドハウス

Copycat

Copycat

公式マニュアルはこちら。
https://www.ableton.com/ja/manual/live-audio-effect-reference/#auto-pan

居場所

Audio Effects⇒Auto Pan⇒Copycat

意味

Auto Pan⇒自動の定位
Copycat:人真似をする人。ちょっと見下したニュアンスがあるので、日本語だと「猿真似」みたいな感じかも

重要なつまみ

例のごとく、どれも重要なんですが効果がわかりやすいのは

  • Rate

かな~と思います。
【エフェクトがかかる速度を調整するつまみ】という認識でよろしいかと。

遊んでみよう

Acoustified Kit 04で簡単なビートを作ってみました。
使ってるのはKickとSnareとH.Hの3点のみ。
全部センターだと音がにごるので、KickをセンターにしてSnareとH.Hを少し右に振ってます。
そのまま聴くと、こんな感じ。

で、H.HにCopycatをインサートするとこんな感じ。

スピーカーで聴いて『よくわからない』って場合はイヤフォンやヘッドフォンで聴いてみてください。
H.HのPanが右から左へ、左から右へと動いてます。

Rate

プリセットそのままなので【02CopycatOn】のRateの値は1/2です。
1/2が意味するところは【2分音符が1つ】。
Panの動きが2拍で1回りってことです。

これだと安定しすぎてちょっとつまらなかったのでRateを3/8、つまり8分音符3つで1回りという設定にしてみました。

Copycat3-8

ちょっとトリッキーで僕は好きです。

使いどころ

SynthだろうがDrumだろうが、何にでも使えるエフェクトだと思います。
『音数を増やしたくないけど奥行きを足したい。でもリバーブやディレイは飽きた』なんてときにも使えるかな。

‡ポイント‡
RateをいじればPanの動きが変わる




コメント

タイトルとURLをコピーしました