ベースライン制作所~コード進行<基本>

ベースライン制作所

前エントリー『コード進行~基礎知識』で書きましたが、コード進行とは【起承転結】です。
言い方を変えれば、曲にストーリー性を持たせるというか。
「歌詞はけっこう暗いのに、曲自体は明るく聴こえるよね」なんてときは、メロディもさることながらコード進行からも明るい印象を受けているはずです。(akim調べ)
では。
コード進行に対してBassは何をしているのかというと。

【ベースラインの作り方】を主軸に記事を書くカテゴリー。
具体的な作り方よりも、Bass弾きの考え方とか頭の中を覗く視点が多いかも。

コードの根っこ

ルート音

【ルート音(おん)】、または【トニック】と呼ばれる音です。

コードとは和音の一種です。
【コードの中で一番音程が低い音がルート音】です。
(転回形という形もあるので絶対ではありませんが、これが基本です。)

コード表記には、大きく書かれてるアルファベットがあります。
『C』とか『Dm』とか『E7』とか『Fsus4』とか。
この大きく書かれてるアルファベット、ここではC,D,E,Fがルート音です。
CDEFGABはドレミファソラシに対応してます。
(小文字のアルファベットや数字に関してはここではスルーで)

Bassには【コード進行をはっきりさせる】という大きな役割があります。
コード進行をはっきりさせるには【ルート音を弾く】というのがもっともシンプルな方法です。
たとえば、こんな感じで。

ルート音を弾く

これだけだと『Bass、いらなくね?』ってなりそうですが、おなじコード進行でアレンジしてみると。

アレンジ型
アレンジ型~Bass抜き

こうなります。
Bass、必要でしょ?

オンコード

曲によって『緊張感を持たせたい』『コード通りにBassが弾くと面白みがない』なんて場合があります。
そういうときの1つの手段として【オンコード】というのがあります。
【オン】は【On】です。
コードのルート音とは違う音を弾くのを【オンコード】と言います。
たとえばこんな風に。

オンコード

オンコードを【分数コード】と呼ぶこともありますが、本来は違うものです。
でも、けっこうごちゃ混ぜというか、同じ意味として使われてることも多いです。
ここで説明するとややこしくなるので、今回はスルーで。。。

発展させる

でも、ルート音しか弾かないBassistばかりじゃないですよね?
動きまくるベースラインも世の中にはたくさん存在します。

ではどうやって動きまくるかというと、基本のキはこの図です。

メジャーコード
マイナーコード

どういうコードなのか。
この曲がどういうベースラインを求めてるのか。
作詞者/作曲者はどういう気持ちを込めてるのか。
なんてことを踏まえつつ、閃くのを待つわけです。

ちなみに先から出てる曲を僕が弾くと、こんな風にするかもです。

akimが弾くなら

理論先行はあまり音楽的ではありませんが『これ、いいフレーズだ!』とか『これ、○○(ジャンル)っぽい!』とか感じるフレーズは理論で説明がつくときも多いです。
それに、いつでも閃くとは限りませんからね。
発展させる方法を知っておけば、こっちから閃きに近寄れることもあるわけで。

‡ポイント‡
まずは、ルート音。
でも音楽は発展します。

レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG
プレゼンやスタジオでの使用目的で入手。2in4outの優れもの
akimが普段使っているオーディオI/O。マイクやヘッドフォンが付いたお得なセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました