タグ: 音楽理論

ベースライン制作所~Kickと添い寝

DrumとBassは相棒というか、チームというか【リズム体】とか呼ばれます。シンプルだけど効果的なのが、Kickと合わせる作り方。 縁の下を支えるなら 一番シンプルなアプローチというか、廃れない王道というか、Kickと合 […]

続きを表示

コード進行によっては、ポジション移動がしんどいときがあるんだよね~ そういうときは【コードとコードをつなぐようなフレージングによってコードチェンジをスムーズに弾く】という手を選ぶことが、俺は多いです。 【ベースラインの作 […]

続きを表示

Bass弾きなら避けては通れない知識の1つが【コード】。 とくにルート音は、基本中の基本と言っても過言ではないかな、と。 【ベースラインの作り方】を主軸に記事を書くカテゴリー。 具体的な作り方よりも、Bass弾きの考え方 […]

続きを表示

『Bassはリズム隊!』ってよく聞く言葉。 (リズム“隊”なのか“帯”なのか“体”なのか、意見が分かれるところでもあるけど) リズム楽器であるDrumの相棒であることに異論は無いです。 ただ、Bassがリズム楽器かどうか […]

続きを表示

ポジション、つまり指板のどこで音を出すかってのは意外に気を使ってます。 フレーズの流れによって自然と決まる場合もあるけどね。 でも、そうじゃない場合もけっこう多い。 【ベースラインの作り方】を主軸に記事を書くカテゴリー。 […]

続きを表示

練習を始めてしばらくすると出会うであろう単語の1つが【スケール】。 この単語を知った頃、とりあえず弾いて覚えたんだけどベースライン作りには上手く使えず。。。 原因は俺の思い込みというか応用の利かなさだったんだけど、こうい […]

続きを表示

『ルート音一発!16分でゴリ押し!!』って曲、あんまり無いよね。 無くは無いけど、8分でルート一発ゴリ押しに比べると、はるかに少ない。 てか、欲しいのは16分音符の羅列じゃなくて、16分の持つスピード感やグルーヴ感だよね […]

続きを表示

テンポやフレーズ、あるいは自分の手の大きさを考えて(あるいは無意識に)、Bass弾きはBassのどのポジションで音を出すのか決めてます。 そのポジションが基盤となってフレーズを構築していくってBass弾き、たぶん俺だけじ […]

続きを表示

ピアノロールで打ち込んでるだけじゃわからないのが、指板上での移動。 単にアレンジするだけならあまり気にしないんだろうけど、プレイヤーとしてはけっこう気を使う部分だったりするんだな、コレが。 【ベースラインの作り方】を主軸 […]

続きを表示

【コード】とか【コード進行】って、入門者に説明するのってけっこう難しい部分だと思うんだよね。 でも重要だから、ホントは最初に覚えちゃった方が楽だったりするんだよなぁ。 【ベースラインの作り方】を主軸に記事を書くカテゴリー […]

続きを表示