マイクが無反応なんですけど…~質問に答える編#6~Ableton Live講座[Vol.286]

質問に答える編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

マイクが無反応なんですけど…~質問に答える編#6

質問フォームからいただいた質問に答えるシリーズ。
『Ableton Liveにつないだコンデンサーマイクが無反応なんですけど・・・』という質問をお受けしまして。

akim is Bassist

質問に答える編再生リスト

ちょっとしたまとめ

【マイクからの音がAbleton Liveに届いてない】という状況で考えられるのは以下の3つ。

  1. ケーブルのチョイス
  2. ファンタム電源をOn
  3. Audio from(入力チャンネル)の設定

コンデンサーマイクとオーディオI/Oの接続には【キャノン⇔キャノン】のケーブルを使ってください。
なぜなら、コンデンサーマイクにはオーディオI/Oから供給される電力が必要だから。
【キャノン⇔フォン】のケーブルでは、電力が供給されません

電力を供給するにはオーディオI/Oの【48V】と書かれたボタンを押す必要があります。
(機種によっては「+48V」と書かれてます)
つまり、コンデンサーマイクをつないだだけではダメなのです。

Ableton Live側の設定ミスという可能性もアリ。
【Audio from】での入力チャンネルの設定がミスってたら音はAbleton Liveに届きません。
この辺は動画内の【補足】を見てください。

コンデンサーマイクには【電源が必要】というもの以外にも特徴があります。
それは【高音質・高感度】【湿気や衝撃に弱い】というもの。

コンデンサーマイクの保管や取り扱いにはご注意を。
故障の原因になりますからね。

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました