「安心・やや不安・不安」の話~Ableton Live講座~理論を楽しもう編#2

「安心・やや不安・不安」の話~Ableton Live講座~理論を楽しもう編#2 理論を楽しもう編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

理論を楽しもう編#2~「安心・やや不安・不安」の話

同じコードでも、コード進行の中でどう使うかによって役割が変わったりします。
どういう風に役割が変わるのか、細かいことは考えずに耳で感じてみるところから始めましょ。

安心・やや不安・不安~Ableton Live講座~理論を楽しもう編#2
「安心・やや不安・不安」の話 | akim is Bassist

何も感じない?

もし、「安心もやや不安も不安も感じない!」という場合でも焦らないでください。
今までそういう聴き方をしてこなかったんですから、何も感じなくてもおかしくはないんです。

まずは【C】に戻ったときに感じる【安心】に注目しましょう。
音程を聴き取ろうとしなくていいんです。
あくまでも【感情・感覚】の話ですから。

ダウンロード

動画内で使っているDrum rackをダウンロード出来るようにしておくので、必要とあればお好きにどうぞ。

Ableton Live10.1で作ったので、それ以前のバージョンだと使えないかもしれません。
その際は、上に貼った動画を観て、自分で作ってみてくださいm(_ _)m

追加方法

ダウンロードしたら、自分のAbleton Live環境にakim作のDrum Rackを追加しましょう。
いくつか方法がありますが、akimが一番楽だと思うのは

  1. ダウンロードしたZIPファイルを解凍する
  2. 中身がadgファイルなのを確認する
  3. Ableton Liveのブラウザで「ユーザーライブラリ⇒Presets⇒Drum Rack」を開く
  4. ファイルをドラッグ&ドロップ

これでOK。

お礼は・・・Youtubeチャンネルの登録とか、Twitterのフォローとかって感じで笑
あ、再配布等は禁止します。
よろしくどうぞm(_ _)m

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました