ダイアトニックコードを作ってみる~Ableton Live講座~理論を楽しもう編#7

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

ダイアトニックコードを作ってみる~Ableton Live講座~理論を楽しもう編#7 理論を楽しもう編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

主要機能を備えた低価格版 ー 16トラック、5GB以上のサウンドを収録
38GB以上の音素材と、一部のインストゥルメントとエフェクトを搭載したLiveのフル機能モデル
71GB以上にも及ぶ多彩な音素材と、LiveおよびMax for Liveすべてのインストゥルメントとエフェクト搭載した最上位モデル
Ableton Pushは、ほかのものに気を取られることなく、表現力豊かな演奏、制作、パフォーマンスするための楽器です

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

理論を楽しもう編#7~ダイアトニックコードを作ってみる

『理論を楽しもう編#3~DrumRackでダイアトニック・コード』でとりあえず使ってみた【ダイアトニック・コード】。
なんでああいう音の並びになるのか、今回で解明される・・・はず。

ダイアトニック・コードの意義

正直言うと、ダイアトニック・コードだけで作られてる曲ばかりではないです。
アニメの主題歌とか、TVドラマの主題歌とか、いわゆるヒット曲とかは、ダイアトニック・コード以外のコードがばんばん出てくるのが普通です。

ではなぜダイアトニック・コードを最初に解説するのか

ダイアトニック・コードは例えるなら【橋の真ん中】です。
対して、ダイアトニック・コード以外は【橋の端っこや、橋の手前】って言ったところ。

ただただ橋を安全に歩くよりも、端っこを歩く高揚感や橋を渡り始める前のワクワクなんかを入れた方がストーリー性が富みますよね。
ただし、高揚感やワクワクは橋の真ん中という安定があってこそ輝くというもの。
なので、ダイアトニックを先に解説したわけです。

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

コメント

タイトルとURLをコピーしました