Standardでも使える【Note Echo】~Live11編#20~Ableton Live講座[Vol.294]

Live11編

Ableton Liveには3つのエディションがあります。
【Intro】【Standard】【Suite】と、Ableton Liveらしさは損なわないまま、機能(と価格)に違いがあります。
(Liteはバンドル版なので、ちょっと横に置いといて)

Live11のリリース後、エディション比較表を見ていたら【Live 11 Intro/Standardでも利用可能】という文字を発見。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Intro-Standard.png

というわけで、今までSuite限定だったデバイスについても解説していきます。

【Note Echo】~Live11編#20

シンプルながら、面白い機能を持ったDelayエフェクト。
【Mute】はめっちゃ遊べます。

akim is Bassist

Live11編再生リスト

akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

言ってしまえば【Delay】なんですが、個人的に【Mute】の機能が気に入ってます。
この【Mute】を使うと【Note Echo】によって生み出された音のみを聴くことが出来ます。
さらに、リサンプリングすれば、生み出された音のみを加工することも出来ます。

いろいろ、楽しめそうでしょ?

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました