バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(音)

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(音) バンドマンこそAbleton Live

ちょっとしたアクセントだったり繰り返しのフレーズに変化をつけたりなど、けっこう使いどころがある割には、慣れるまで使いづらいかもしれないね、One-shotって。
少なくとも俺は、ずっと『どうすればいいんだ?』って思ってました(^^ゞ
最近ちょっと慣れ始めたので、メモがてら書いておきます。

パッをパワワワワに

今回は週一フレーズ【春の小川】で使った方法を元に書きますね。
Introで使ってます。
『パッ』とか『パワワワワ』って音です。

春の小川

『パッ』を加工して『パワワワワ』にしてるんです、これ。
波形で見ると、こう。

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(音)

Warp(ワープ)

使うOne-shotは【Packs⇒Beat Tools⇒Samples⇒One-Shots⇒Orchestral⇒Harp Chop 01.aif】。
アレンジメントビューの方がやりやすいかな~と思ってるので、今回はアレンジビューでやりますね。

Harp Chop 01.aifをブラウザからドラッグ&ドロップします。
【Warp】を押してテンポと同期させます。

同時に、これでワープマーカーを追加できるようになります。
音の終了点をダブルクリックしてワープマーカーを追加。

ワープマーカーを右方向に【1.2】の下までドラッグして音を伸ばします。
エンドマーカーも同様にドラッグ。

ここまで出来たら一度再生してみます。
『パッ』が『パワワワワ』になったはずです。
でもこれだけじゃ、俺の頭の中の音と違ったのでもうひといじり。

Rev. / 複製 / フェード

Ableton Liveだと、1クリックでクリップを逆再生に出来ます。
それが【Rev.】ボタン。

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(音)

これを【Ctrl+D / Cmd+D】で複製し【Ctrl+J / Cmd+J】で結合。

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(音)

【フェード】を使ってフェード・インにします。

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(音)

これで、今回は完成。

どうでしょ?
単なる『パッ』が『パワワワワ』になったでしょ?

たとえばアルバムの1曲目。
収録曲を使って耳をひくIntroとか作れるよね、これ。

こういう加工を覚えていくと、音イジリが楽しくなるはず。
というか、俺はバッチリとハマってます笑


バンドマンのためのAbleton記事一覧

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました