バンドマンこそAbleton~Live10で最初にやったこと

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

バンドマンこそAbleton~Live10で最初にやったこと バンドマンこそAbleton Live

使ってますか?Ableton Live10。
俺は発売開始した2018年2月6日から日々使ってますが、いいですねぇ。
ダウンロードして、インストールして・・・だけでLive9の設定をほとんど引き継いでくれました。
でも、全部ってわけにもいかなかったんで、ちょっとだけメモ。

Ableton LiveっていいDAWなのに、なぜかバンド仲間にはユーザーが少ない。
ちょっと悔しいので、制作過程で気付いた or 見つけたTipsを書き連ねるカテゴリー。
カテゴリー名を『バンドマンのためのAbleton』から『バンドマンこそAbleton』に途中で変更。

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

環境

まずは俺の使用環境(2018年2月現在)を軽く。

Ableton Live

Ableton Live10 Suite
Push(初代)

デスクトップ

メイン機。
Windows7 64bit professional
AMD A10-58ook 3.8GHz
メモリ:24GB

5年くらい使ってるからそれなりにガタが来てる部分もあるけど、まだまだ現役。

ラップトップ

MacBook Pro 2.0GHzデュアルコアIntel i5(2016年10月モデル)
OS:10.13 High Sierra

あくまでサブ機なんで、スタジオでのRecとか出先用。
ちゃんとした制作はほぼしない。
ので、ラップトップではまだLive10はほとんどいじってない(-_-;)

周辺機材

オーディオI/F:PreSonus AuidoBox iTwo
Bass:SireM7をメインに、ESPで作ったオリジナルモデル等
ヘッドアンプ:tc electronic RH450(これを通してオーディオI/Fへ)

的な感じ。

Live10でやったこと

ではここからLive10を入れた後にやったことのメモ。
Live9はLive10インストール後、早々にアンインストールしちゃったんで比較画像は無し。
(ブログネタ的にちょっと失敗した感は否めない・・・けど、まあ仕方ない笑)

テーマ設定

Live9までは「スキン」と呼ばれていたものは、Live10で「テーマ」と名前を変えました。
でも、名前が変わっただけで中身は同じ。
テーマとは、Ableton Liveの見た目(UI:ユーザーインターフェイス)の色を変えてくれる機能のこと。

見やすさで言えば、Live10に最初から入ってるテーマを使うのがおススメ。
でも、曲の雰囲気に合わせてテーマを変えるってのは制作に入り込むためには有効だよね。

で、ネットでFreeのテーマを落としてきたものを準備。
詳しくはこちらの記事を参考にしてもらうとして。

インストールは、Ableton Liveがインストールされているフォルダ内にある【Themes】フォルダにテーマファイル(.ask)をコピペして、Ableton Liveを再起動させればOK。

Mac – Contents > App-Resources > Themes
PC – ProgramData > Ableton > Live 10 Suite > Resources > Themes

Windowsの場合は人によって変わると思います。
場合によっては隠しフォルダになってる可能性もアリ。
あと、Live9とLive10でフォルダ構成に少し違いがあるので、Live9の人は以下の記事を参考にしてください。

64bitプラグイン

Live9までは32bit版と64bit版を選べたんだけど、Live10からは64bit版オンリーのようで。
よって、諸事情により今まで32bit版を使ってた俺のようなタイプの場合はプラグインの整理をしなくちゃ、ですね。

今すぐ必要なプラグインを64bit版用のフォルダに再インストール。
それ以外は保留。
使わないプラグインを入れておくとLive10の動作が重くなるからね。
これを機に断捨離しようかと(^^ゞ

サンプルレート

ここは人それぞれ好みがあるとこかと。
基本、48KHz・24bitでRecすることが多いのでそれに設定・・・したんだけど、最近知った【オーディオファクトシート】を読み込むと、32bit推奨なんだよね。
(ま、当たり前かwww)

ここは『とりあえず』な感じかな。
今後、より良い音質を求めて変えていくことになりそう。

カウントイン

Rec用のカウント設定項目。
俺は1小節鳴らしてからのRecスタートに慣れてるので、それに設定。


ざっと、こんな感じかな。
Ableton Liveを立ち上げたときのデフォルト設定は引き継いでくれてたし、特に面倒なことはなかったような。

個人的感想だけど、Live10は今までよりも音がクリアな感じがする。
新機能も使い勝手がよくて、【ワークフローが加速する】って評判は真実でした。
リリース直後は不安定さが心配の1つだけど、俺の場合はまったく無し。
安定してます。
様子見の必要は無いんじゃないかなぁ??

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG

8イン&10アウトのオーディオインターフェイスとプログラム可能のミキサー、そしてMIDIコントロールサーフェスまで備え、シンプルを究めたデザインにより優れた耐久性を誇る次世代デバイス
ESS SABRE 32 DAC搭載 4in 4out オーディオインターフェイス
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

コメント

タイトルとURLをコピーしました