バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(小節)

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(小節) バンドマンこそAbleton Live

ループ素材として入手できる音源の中に【One-shot】と呼ばれるものがあります。
文字通り1回だけ音が鳴るというか、【ボンッ!】とか【ブ~ン!】のような音源。
上手く使えば曲に広がりを加えられる便利なもの。
でも素材いじりに慣れないうちは『こんな短い音なんか使いづらい』とか思っちゃうかも。
(少なくとも俺はそうやって思ってましたorz)

ドラッグ&ドロップ

週一フレーズの【春よ来い】でのOneshotの使い方を例に書いてきます。

春よ来い

セッションビューで

じゃあ、実際に使ってみます。
まずはブラウザから、気になったOneshotをスロットにドラッグ&ドロップ。
ここでは先日公開された【Packs⇒Beat Tools⇒Samples⇒One-Shots⇒Drums⇒FX Hit⇒Swish Downfall】をチョイス。

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(小節)

このクリップ(Swish Downfall)を見てみると長さが2小節2拍ちょっと。

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(小節)

でも、俺は4小節ごとに鳴らしたいので、このままループさせるわけにはいかず。
ってことで、このクリップを4小節にします。

右クリックから【サンプルを4小節ループとしてワープ】ってのもあるけど、応用が利く方法として

  1. Loopボタンを点灯
  2. Lengthを[4][0][0]に

ってのを。

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(小節)

これで4小節ごとにループします。

場所をずらす

上の方法だと、1小節の頭に鳴るわけで。
じゃあ、4小節ループの3小節目の頭で鳴らすには???

  1. Startを[-2][1][1]にする
  2. Positionを[-2][1][1]にする
バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(小節)

これで、希望のタイミングで鳴りますね。
ただ、-2小節から始まってるのが見づらいって場合もあるかも。
そんなときは一度アレンジメントビューにドラッグ&ドロップして【結合(Ctrl+J/CMD+J)】。
その後にセッションビューにドラッグ&ドロップで戻せば、1小節から始まるクリップになりますよ。

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(小節)
バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(小節)

ただ、Ableton Liveっていろんな方法で音をいじれるので、もっと楽な方法があったりするんですよね(^^ゞ
もし、もっと楽な方法をご存知の方は教えてくださいm(_ _)m


バンドマンのためのAbleton記事一覧


レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました