バンドマンこそAbleton~デフォルトテンプレートを自分好みにする

バンドマンのためのAbleton~デフォルトテンプレートを自分好みにする バンドマンこそAbleton Live

ほぼ毎回使うエフェクトとか、最低限使うだけのトラックとか、そういうのって最初から準備しておけば楽だったりしない?
そういうときはAbleton Liveの【デフォルト保存】を使えばOK。

これが、あれに

何も設定してなければ、Ableton Liveを立ち上げたときの画面はこんな感じのはず。

バンドマンのためのAbleton~デフォルトテンプレートを自分好みにする

これを俺好みにしたのがこちら。

あくまで俺好みなんで『こんなの使いづらいよ!』って人もいるとは思うけど笑
変更点は、ざっと

  • MIDIトラックを3つにして色分けを好みに設定
  • Audioトラックを3つにし、色も名前も設定済み
  • Audioトラックにほぼほぼ必須の【Tuner】【EQ】【Glue Comp】をインサート
  • AudioトラックにはBaをRecするので、Rec時に邪魔なEQとGlue CompはOff
  • Masterに【Multiband Dynamics】【Limiter】をインサート

こんな感じ。

必要であれば【キーマップ】も【MIDIマップ】も設定することをおススメ。
デフォルト・テンプレートにはこれらの設定も保存されるからね。

終われば保存

自分好みのテンプレートが出来たら、あとは保存するだけ。
環境設定⇒File Folderを開き、【現在のセットをデフォルトとして保存】の【保存】をクリックすれば保存完了。

バンドマンのためのAbleton~デフォルトテンプレートを自分好みにする

自分なりのワークフローが出来てきたら、このデフォルトテンプレートをいじってみるのもよろしいんじゃないかと。
何かアイデアを思いついたときは、ちょっとでも早く書き出したいでしょ?


バンドマンのためのAbleton記事一覧≫


レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました