ピッチを変更する~Ableton Live講座~質問に答える編#1

ピッチを変更する~Ableton Live講座~質問に答える編#1 質問に答える編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

質問に答える編#1~ピッチを変更する

ピッチを変更したい場面には、思ってるよりも多く出会います。
【Transpose】だけではなく、MIDIエフェクトの【Pitch】という方法もアリ。
さて、どう違うのか、どっちを選ぶのか。

ピッチを変更する~Ableton Live講座~質問に答える編#1
akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

覚えておくのはこの2点

  • WarpをOn⇒マスターテンポに従う⇒ピッチ変更後もクリップの長さは変わらない
  • WarpをOff⇒マスターテンポに従わない⇒ピッチ変更後はクリップの長さが変わる

どっちが正解でどっちが間違いというわけではないです。
どちらも正解。
ただ、使いどころが変わってくるというだけの話。

WarpのOn/Offはオーディオクリップのクリップビューだけではなく、Simplerにも付いています。
ってことは、Drum Rackに入ってる音源もWarpの影響を受けてる可能性もアリ。
Warpの理解は、Ableton Liveを使う上でかなり重要な位置を占めております。

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました