Tremolator【129ドル⇒無償】

Tremolator【129ドル⇒無償】 フリーで入手

感謝感謝のブラック・フライデー。
ありがとうございますm(_ _)m
ブラック・フライデーに無料でいただきました。
通常価格は$129なんで、1万4千円くらいかな?

SoundtoysはSie-Qも無償配布してくれてたとこですね。
なんていいメーカーさんなんでしょう。

トレモロ

そもそもの意味は、Wikiによると

単一の高さの音を連続して小刻みに演奏する技法

と説明されてます。

音楽を文字で説明するのって難しいよね(^^ゞ
なので、動画を貼り付けますわ。

村治佳織 【トレモロ奏法】

こんな感じの奏法を【トレモロ】と言います。
音が消えるのが早い(ロングトーンが難しい)打楽器では、トレモロを使ってロングトーンの代わりにすることもあるそうで。

で、この【Tremolator】はトレモロを模したエフェクト・・・かと思いきや、実際に使ってみるとそれだけではなかったのでした。

使ってみた

導入

導入には【Soundtoysアカウント】が必要です。

  1. Add to cart(無償のときはGet Free)ボタンをクリック
  2. アカウント確認
  3. マイページから製品をダウンロード
  4. インストール
  5. 初使用時にアクティベート

みたいな手順(だったような気が)。
アクティベートの記憶がかなりおぼろげ。。。

インストールがちゃんと出来ればAbleton Liveの場合は【Plug-ins(プラグイン)】フォルダから選択出来るようになります。

こんな感じ

ブラック・フライデーだから無償で入手出来たけど、本来は129ドルの製品。
プリセットだけでもすごい数。

初期表示ではシンプルなコントロールパネルも【TWEAK】をクリックすれば、より細かく音いじりが出来る画面に。

とりあえず簡単なTrackを作ってみようと言うことで

  • CloseH.H / Disco Drum
  • OpenH.H / Dynamic Chopper
  • Guitar / Fender Vibrolux(MIDI)
  • Bass / Double Dipper

に差し込んでみました。
前半がTremolator無し、後半が有り、です。

コード進行はこのところお気に入りのカノン進行。

エンベロープとベースラインはこんな感じ。
ベースラインは後から採譜したから細かいところは違うかも(^^ゞ

感想

ただのトレモロ・シミュレーターかと思ったら全然違ったよ。。。
今回使ったのは4種類だけど、これだけでもバリエーション豊富というかなんというか。
薄くかけて厚みを足すのも良し、がっつりかけて飛び道具として扱うのも良し。

ブラック・フライデーで無償入手したけど、そもそもの129ドルが安いと思えるほどの面白さ。
ホント、Soundtoysさんには感謝感謝ですm(_ _)m

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました