Drumを打ち込んで倍にしてベロシティ調整~Ableton Live講座~入門編#2

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

Drumを打ち込んで倍にしてベロシティ調整~Ableton Live講座~入門編#2 入門編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

入門編#2~Drumを打ち込んで倍にしてベロシティ調整

Drumを打ち込む場合、一気に何小節も打ち込むのではなくて短い小節を打ち込んでから倍にして・・・という方法を取ることが多いんじゃなかろうかと。
そこからベロシティ(音量)を調整して、フレーズに色気を付けていく感じですかね。
今回はそのやり方のお話です。

Drumを打ち込んで倍にしてベロシティ調整 | akim is Bassist

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

コメント

タイトルとURLをコピーしました