バンドマンのためのAbleton~とりあえずMIDI

バンドマンのためのAbleton~とりあえずMIDI バンドマンこそAbleton Live

バンドメンバーの中にはキーボードがいることもありますよね。
一言でキーボードと言っても種類が多いんで説明が難しいんだけど、ここではMIDIキーボードを接続した前提で話が進みます。

Rec設定

USB接続

MIDIキーボードはUSB接続端子がついてるので、直接PCに接続できるのが普通。
このMIDIキーボードってのは単体では音が出ません。
キーボードからDAWに送られるのは音ではなくて信号です。

ちなみにMIDIキーボードじゃなくてUSB接続が出来なくても、キーボード単体で音が出るのであればオーディオインターフェイス経由でRecすることも可能。

接続はそれぞれのマニュアルにしたがってやってもらって、無事接続できたら次のステップ。

環境設定

接続しただけで、Ableton Liveは基本的に認識します。
でも、もし認識されなかったら環境設定画面を見てみてください。

コントロールサーフェス/入力/出力で接続した製品を選択。
これでもダメならMIDI Portsをいじることになるけど、先にググることをおススメします。
似たようなトラブルってあるもんで、対処策も報告されてたりしますから。

Rec開始

音を出す

↑にも書いたとおり、MIDIキーボードからDAWに送られるのは音ではなく信号なので音が出ません。
なので音選びから始まります。

  1. 音選び
  2. MIDIトラックにドラッグ&ドロップ

これで音が出るはずです。

トラックが選択されてないと音が出ないので、トラックはちゃんと選択しましょう。
選択されたトラックは他のトラックより明るく、アームボタンが薄い赤になります。

バンドマンのためのAbleton~とりあえずMIDI

Recスタート

ここまで準備できたらあとはRecしてみるだけ。
アナログ楽器のときと同様にRecボタンを押せばRecスタートです。

Recを終わるときはアレンジメントビューのRecボタンの横にあるストップボタンを押せばRecが止まります。

さて。
とりあえずMIDI、上手くいきました?
上手くいったらいいんだけど。。。

バンドマンのためのAbleton記事一覧

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました