ウルトラQ メインテーマ~週一フレーズ

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

ウルトラQ メインテーマ~週一フレーズ 週一フレーズ

ウルトラシリーズがねぇ、好きなんですよ。
マニアってわけではないんで、観てないシリーズもあるんですが(-_-;)
でもねぇ、やっぱり好きなんですよ。

週一フレーズとは、毎週1曲、ループ素材+Bass演奏で創るTrackとakimが定めたもの。
【毎週水曜日に公開】【ループ素材をあれこれイジる】【ベースライン以外にもメロやコードもBassで演奏】の3点を基本ルールとして、童謡や有名曲を1分程度のTrackにする(たまに違うこともアリ)。

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

初のウルトラシリーズ

ウルトラQは、初のウルトラシリーズ。
ウルトラマンは出てこないけど、怪獣は出てくるからね。

のちのウルトラシリーズにも出てくる【ケムール人】や【海底原人ラゴン】、怪獣のはずなのに妙に愛されている【カネゴン】、【ピグモン】と大きさ以外で見分けるのがものすごく困難な【ガラモン】などはウルトラQが初登場。
(シリーズ初にしてこの完成度。円谷プロ、恐るべし。。。)

カネゴン、こんなこともやってたりするし笑

ウルトラマンが出てこない分、人間との知恵比べ的な側面もあるのがウルトラQの特徴の1つかと。
怪獣が出てくるから、基本的には子供向けで作られたはずなんだけど、内容的にけっこう重たい話もあるんだよね。
当時の子供は今と違ったのかね??

フジ⇒TBS

ものすごい余談。
今はテレビ東京で放送されてるけど、元々はTBSでウルトラシリーズは放送されてたわけで。
でも、実はフジテレビとの契約で話が進んでたんだそうな。
ところが、

  1. 契約の当日、フジテレビとの契約が破談になる
  2. 円谷プロは既に高価なカメラをアメリカに発注済み
  3. キャンセルしたくても『もう発送しちゃったよ』と言われる
  4. 高価すぎて円谷プロには払えない、どうしよう
  5. 当時TBSに在籍していた円谷一(のちの円谷プロ2代目社長)登場
  6. カメラ代払うから、TBSで番組作って

という流れでTBSに。

孤独のグルメも
『実は、最初はフジテレビに持ち込んだけど、断られたのでテレビ東京に持ち込んだ』
って話を聞いたことあるけど、フジテレビは大きい魚を逃がしてますなぁ。。。

てか、俺が知らないだけでテレビ業界ではこういうこと多いのかね??

主要機能を備えた低価格版 ー 16トラック、5GB以上のサウンドを収録
38GB以上の音素材と、一部のインストゥルメントとエフェクトを搭載したLiveのフル機能モデル
71GB以上にも及ぶ多彩な音素材と、LiveおよびMax for Liveすべてのインストゥルメントとエフェクト搭載した最上位モデル
Ableton Pushは、ほかのものに気を取られることなく、表現力豊かな演奏、制作、パフォーマンスするための楽器です

ウルトラQ メインテーマ

主使用機材

動画

後ろに見える女性は、俺の単なる好みwww

ポイント

演奏のポイントは、やっぱりdimだよなぁ。
ちょくちょく出てくる、dim。
これがこの曲の怖い感じの素だから、おざなりには出来ないよね。

メロが1拍、あるいは半拍頭抜きのところが多いんで、その辺りも練習になったね。

Trackmake的には、エンベロープにちょっと気を使ってみた。
使用エフェクトが数少なくても、エンベロープをいじるだけで曲の表情はだいぶ変わるからね。
Introのボトムベースは、そのいい例かと。
Auto Filterのフリケンシーをうねうねさせて楽しんでます笑


レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG

8イン&10アウトのオーディオインターフェイスとプログラム可能のミキサー、そしてMIDIコントロールサーフェスまで備え、シンプルを究めたデザインにより優れた耐久性を誇る次世代デバイス
ESS SABRE 32 DAC搭載 4in 4out オーディオインターフェイス
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

コメント

タイトルとURLをコピーしました