Watermelon Man~週一フレーズ

Watermelon Man~週一フレーズ 週一フレーズ

今年の夏、スイカを食い損ねた。
梅雨明けの方が気温下がったからかなぁ。
好物ってわけじゃないけど、食わずに終わったのはやっぱりサビシイ。

週一フレーズとは、毎週1曲、ループ素材+Bass演奏で創るTrackとakimが定めたもの。
【毎週水曜日に公開】【ループ素材をあれこれイジる】【ベースライン以外にもメロやコードもBassで演奏】の3点を基本ルールとして、童謡や有名曲を1分程度のTrackにする(たまに違うこともアリ)。

スイカ売り

作曲はハービー・ハンコック。

氏曰く【裏路地から聴こえるスイカ売りの声と、(スイカを乗せている)ワゴンが石畳の上を進むことによって奏でるビート】がこの曲の元ネタ。
デビュー・アルバム【Takin' Off】に収録されてるんだけど、最初はあまり売れなかったらしい。
でもいろんな人がカバーだなんだして、いまやスタンダード曲。

自分の曲を大御所がカバーして、さらにはスタンダード曲として広まっていくのってどんな気分かねぇ。
スタンダード曲を書けるくらいの人にとっては、そうでもないことなのかなぁ。。。

Watermelon Man

主使用機材

動画

作曲:Herbie Hancock

Watermelon Man~Bass Arrange

ポイント

使ってるコードは3つだけ。
いわゆる3コード。
進行的には16小節のブルース進行。

ブルース進行でどれだけ遊べるか、幅広いフレージングが出来るか否かは、Bass弾きの引き出しを測るひとつの方法だよね。
てか、俺の引き出しが発展途上なのがバレちゃうねwww

あと、正直言ってKey=Fには馴染みが少ない。。。
【E一発でドン!】ってのばっかり弾いてたからですね、反省します(-_-;)
でも、5弦だとKey=FやF#って4弦に比べると弾きやすい気がする。
4弦1fから始めるFと、5弦6fから始めるFだと、運指にかなり差がでるよね。
こういうとこも含めて、たま~~~に4弦を持つと混乱しますorz


レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG
プレゼンやスタジオでの使用目的で入手。2in4outの優れもの
akimが普段使っているオーディオI/O。マイクやヘッドフォンが付いたお得なセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました