Mermaid Lagoon~その3~週一フレーズ

Mermaid Lagoon~その3~週一フレーズ 週一フレーズ

『難易度が高い』という理由の元、細切れにしてる今回の週一フレーズ【Mermaid Lagoon】。
毎週、1箇所は必ず『え??( ̄Д ̄;;』というフレーズが登場。
いやはや、ディズニー、つくづく恐るべし。

週一フレーズとは、毎週1曲、ループ素材+Bass演奏で創るTrackとakimが定めたもの。
【毎週水曜日に公開】【ループ素材をあれこれイジる】【ベースライン以外にもメロやコードもBassで演奏】の3点を基本ルールとして、童謡や有名曲を1分程度のTrackにする(たまに違うこともアリ)。

3回目

今回で3回目。
前回のはこちら。

Mermaid Lagoon

今回は12小節。
繰り返しが入ってるから、実質は9小節。
なのに、クオリティも難易度も高いとか・・・たまんねぇな!(小峠風)

主使用機材

動画

ポイント

相も変わらずオンコードの嵐。
次のコードとのつなぎとしてのオンコード【B♭ => B♭/C => Dm】だけじゃなく、【G => B♭/C => C => F】みたいなつなぎとしてだけじゃないオンコードもしっかり出てくる。
う~~~ん、すげぇなぁ。
勉強になるなぁ。

音域も相変わらず広いので、4弦13fから始まって1弦22fで終わるフレーズも登場。
なんか、だんだん驚かなくなってきたwww
こういうのに慣れておくと、ふとしたときに手が勝手に動くんだよね。
そうなったら『自分のモノにした』感が出てきて、Bass弾きとして幸せ^^

Live10的には、EchoとPedalに引き続きハマってます。
Echoは使いすぎるとCPUパワーを喰うみたいだから、そこは気をつけてるけど。
(ま、トラックをフリーズしちゃえばいいから使いまくってるけどねwww)


レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG
プレゼンやスタジオでの使用目的で入手。2in4outの優れもの
akimが普段使っているオーディオI/O。マイクやヘッドフォンが付いたお得なセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました