気づけば克服編も10曲を超えてたわ。
そろそろ次のステップに行きたいかな、と。

リクエストに応える【リクエスト編】はもう少し先延ばしさせていただくことにして。。。

週一フレーズとは、毎週1曲、ループ素材+Bass演奏で創るTrackと俺が定めたもの。
【毎週水曜日に公開】【ループ素材をあれこれイジる】【ベースライン以外にもメロやコードもBassで演奏】の3点をルールとして、有名曲を1分程度の短いTrackにするのが基本(たまに違うこともアリ)。
ちなみに、この記事を書いてるakimはAbleton Certified Trainer

お知らせ

最初に少しばかりお知らせを。

もう少しAbleton Liveの使い方の解説というか、『Recした後にこんなことやってます』みたいな記事を増やしたいと個人的に思ってまして。
俺がAbleton認定トレーナーだからってのも理由の1つではもちろんあるんだけど、DAWにまったく頼らずに音源を公開するのって今は難しいでしょ?

もちろん【餅は餅屋】的な考えで【Rec関係はすべてプロにお任せして自分たちは演奏のみ】ってのもアリです。
そういう方たちはDAWをいじることは少ないでしょうねぇ。
でも、【餅は餅屋】にするためには、ある程度の資金力が必要なのもまた事実(-_-;)
となると、バンドの中の誰かがやり始めるのが【あるある】だよね?

ってことで、そんな【やり始める】方々のお役に立ちたいな、と。
そのためにもAbleton Liveに関する記事を増やしていきたいわけです。

なので、今月いっぱい週一フレーズをお休みします。
来月からもう少し変わった形で週一をお送りする予定です。
ご理解のほどをm(_ _)m

そんな感じで、お知らせでした。


楽しさが残る

TDL行ったときって、一日中遊んでも帰る頃には『また来たい』って感じになるでしょ?
この曲もそうなんだよねぇ。
さんざん弾いてても『また弾きたい』ってなってしまう。

ゲームの話。
マリオが倒れたときに流れる曲。

ゲームプレイヤーが『もう一回やってみよう』って思わせる曲として作ったって噂があるね。
本当か嘘かはわからないけど、音楽の力ってすごいな、とつくづく思う。

Electrical Parade Dream Lights~さらに続き

以前の動画はこちら。

主使用機材

動画

ポイント

最初っから最後まで、弾いてて(難しいけど)楽しい曲だねぇ。。。
すごいねぇ。。。

Ableton Live的には。
このTrackを作る少し前にアナウンスされた無償Pack【Polish Radio Experimental Studio】を使ってます。
使い方的には【効果音として】と言えばいいかな?
たくさんある中から【FUNKY JAM K LAP L 18 55 01】をいじって使いました。

曲にFX系の素材を加工したものを加えると、曲の質感(テクスチャーとか言ったりする)が変わります。
『アレンジ的にもMix的にも問題は無いはずなのに、なぜか曲に表情が無い』
なんてときに使うのも効果的。

ダウンロードがまだの人はお早いうちにどうぞ。
(全機能の使用にはLive Standard/Suiteが必要です)


SNSやってます。
フォローや申請はお気軽に^^
(メッセージいただければ安心して承認できます)
よろしくです^^