ベースライン制作所~パーツの名称

ベースライン制作所

実際に弾き始めると、知りたいことって次々に出てきますからね。
パーツの名称くらいは知っておかないと調べるのが大変です。。。

【ベースラインの作り方】を主軸に記事を書くカテゴリー。
具体的な作り方よりも、Bass弾きの考え方とか頭の中を覗く視点が多いかも。

呼び名

Bassの各パーツにはちゃんと名前が付いています。
普段は特に気にしないかもしれませんが、教則ビデオを観る時や、楽器屋さんでパーツを探すときなどには必要になります。
それぞれのエントリーで細かく説明しますが、まずは見てみてください。

自由に使える写真の中でいい写真を見つけられなかったので、イラスト描きました。
いろんな形(シェイプ)のBassが存在しますが、一番シェアが大きいと思うジャズベースタイプを元にしてます。
見やすさを考えて弦は張ってない状態のイラストです。
これを元に、説明していこうかと。
最初は文字が多くなりますが、今後は映像も活用する予定です。

大きなパーツ

まずは【ボディ】と【ネック】と【ヘッド】の3つを知りましょう。
ヘッドが無い【ヘッドレス】というタイプもありますが、それはひとまず置いといて。

ヘッド

ヘッドには【ペグ】【ポスト】【テンションピン】【ロゴ】があります。

  • ペグ・・・弦をチューニングするときに使う。弦を緩めたり張ったりすることが出来る
  • ポスト・・・弦を巻きつける部分。ペグを回すとポストが回り、弦が緩んだり張ったりする
  • テンションピン・・・無いBassも多い。弦のテンション(張力)を強くする働きがある。バー(棒)タイプのものもある
  • ロゴ・・・Bassを作ったメーカーのロゴはヘッドにあることが普通

ネック

ネックには【ナット】【ポジションマーク】【フレット】【フレットボード】があります。

  • ナット・・・ヘッドとネックの境目にある。溝が彫ってあり、弦を支える役目をする
  • ポジションマーク・・・Bassは押さえる場所によって音が変わる楽器なので、どこを押さえてるのか視認しやすいようについている目印。イラストでは省略してるが、フレットボード上にある目印がすべてポジションマーク。
  • フレット・・・フレットボードに埋め込まれている棒状の金属。これによって安定した音程が出せる。イラストでは省略してるが、フレットボード上にある棒状の金属がすべてフレット
  • フレットボード・・・指板とも言われ、ネックの表面に貼り付けられている板。ここを指で押さえて音程を変える

ボディ

ボディには【ピックアップ】【ピックガード】【ブリッジ】【サドル】【つまみ】【アウトプットジャック】【ストラップピン】があります。

  • ピックアップ・・・弦の振動を電気信号に変える装置
  • ピックガード・・・本来はボディに傷が付くのを防ぐものだが、演奏のしやすさに影響があるためピックガードの厚さに気を配るプレイヤーも多い
  • ブリッジ・・・弦を支えるパーツ。サドルもひっくるめてブリッジと呼ばれることが多い
  • サドル・・・駒(こま)とも呼ばれる。ブリッジに付いている弦を支えている。弾きやすさやチューニングに影響が大きいパーツ
  • つまみ・・・ボリュームやトーンなどを制御する部分。Bassによってつまみの数や性能はまったくと言っていいほど違う
  • アウトプットジャック・・・ピックアップから受けた電気信号をアンプなどに送る部分。
  • ストラップピン・・・ストラップ(Bassを肩から掛けるためのベルト)を通す部品

以上がBassの基本パーツです。
でも、これだけでは説明しきれないことがたくさんあるので、個々については別エントリーで書いていきますね。

‡ポイント‡
普段は気にしなくても、覚えておかないと困ることがあるのがパーツの呼び名

レッスン、お請けします

このブログを書いている僕(akim)はベースのレッスンもやっています。
バンド生まれバンド育ちで、メジャー在籍バンドのBass担当にもレッスンしていたakimが実践的なベースを教えます。
あなたの『ここが知りたい!』を知れるレッスンです。

akimの機材(一部)

制作にRecにステージに、とakimが長年愛用するヘッドアンプ
akimがメインで使うモニター用ヘッドフォン。信頼のAKG
プレゼンやスタジオでの使用目的で入手。2in4outの優れもの
akimが普段使っているオーディオI/O。マイクやヘッドフォンが付いたお得なセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました