[Vol.270]セッションビューからアレンジメントビューへ音を移す3つの方法~Ableton Live講座~セッションビュー編#10

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

セッションビュー編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

[Vol.270]セッションビュー編#10~セッションビューからアレンジメントビューへ音を移す3つの方法

セッションビューでいろいろ作り込んだ後、アレンジメントビューに移す段階のお話。
方法は3つ。

akim is Bassist

セッションビュー編再生リスト

akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

曲(音源)としての書き出しはアレンジメントビューからおこないます。
Ableton Liveのワークフローの設計がそうなってるんですね。

なので、セッションビューで曲を作り込んだ後にアレンジメントビューに曲を移す段階というのはどこかで出会うことになります。

移し方は3つ。

  • クリップごとに移す
  • シーンごとに移す
  • セッションビューの演奏をRecする

です。

アレンジメントビューに移したあとの曲の書き出し(エクスポート)については以下の動画をご覧ください。

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました