フォローアクションでクリップを自動再生~Ableton Live講座~セッションビュー編#4

セッションビュー編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

セッションビュー編#4~フォローアクションでクリップを自動再生

クリップを連続で再生したり、リピートしたり、停止したり。
クリップの動きを自動化してしまう機能こそが【フォローアクション】。

フォローアクションでクリップを自動再生~Ableton Live講座~セッションビュー編#4
akim is Bassist

セッションビュー編再生リスト

画面の見やすさは超大事~Ableton Live講座~セッションビュー編#2

ちょっとしたまとめ

フォローアクションで繋げるには、2つのルールがあります。

  • クリップは同トラック内
  • クリップは隣り合ってることが必須

トラックAとトラックBにそれぞれ入っているクリップをフォローアクションで繋げることは出来ません。
同じトラック内のクリップに限られます。

さらに、同じトラック内であっても、そのクリップは隣り合ってる必要があります。

この2つさえ守っていれば、【ラウンチボックス】を開いてクリップそれぞれにフォローアクションを設定していけばOK。

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました