フォローアクションでクリップを自動再生~Ableton Live講座~セッションビュー編#4

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

セッションビュー編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

主要機能を備えた低価格版 ー 16トラック、5GB以上のサウンドを収録
38GB以上の音素材と、一部のインストゥルメントとエフェクトを搭載したLiveのフル機能モデル
71GB以上にも及ぶ多彩な音素材と、LiveおよびMax for Liveすべてのインストゥルメントとエフェクト搭載した最上位モデル
Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

セッションビュー編#4~フォローアクションでクリップを自動再生

クリップを連続で再生したり、リピートしたり、停止したり。
クリップの動きを自動化してしまう機能こそが【フォローアクション】。

akim is Bassist

セッションビュー編再生リスト

ちょっとしたまとめ

フォローアクションで繋げるには、2つのルールがあります。

  • クリップは同トラック内
  • クリップは隣り合ってることが必須

トラックAとトラックBにそれぞれ入っているクリップをフォローアクションで繋げることは出来ません。
同じトラック内のクリップに限られます。

さらに、同じトラック内であっても、そのクリップは隣り合ってる必要があります。

この2つさえ守っていれば、【ラウンチボックス】を開いてクリップそれぞれにフォローアクションを設定していけばOK。

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

コメント

タイトルとURLをコピーしました