リフに合うビートを試す~Ableton Live講座~セッションビュー編#3

セッションビュー編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

セッションビュー編#3~リフに合うビートを試す

セッションビュー初心者に多い勘違いの1つを解消しましょう。
クリップの組み合わせは無限大です。

リフに合うビートを試す~Ableton Live講座~セッションビュー編#3
akim is Bassist

セッションビュー編再生リスト

画面の見やすさは超大事~Ableton Live講座~セッションビュー編#2

ちょっとしたまとめ

セッションビューを使い始めたときにする勘違いの1つに
『同時に鳴らせるのは横列だけでしょ?』
ってのがあります。

それ、大きな勘違いです。

セッションビューの基本ルールとして

  • 1つのトラックの中で鳴らせるクリップは1つだけ
  • トラックが異なるなら、シーンに関係なく鳴らせる

というのがあります。

それと、設定は【クオンタイズメニューは1Bar】をおススメします。
クオンタイズメニューの設定によって面白いことが出来たり、Liveを使っての生演奏の設定を自分好みに出来たりするんですが、とりあえずは【1Bar】がおススメです。

基本ルールを覚えて、クオンタイズメニューを1Barに設定したら、あとは遊ぶだけ。
クリップの組み合わせは無限大ですよ?

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました