[Vol.276]Hybrid Reverb~Ableton Live講座~Live11編#3

Live11編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Live11編#3~[Vol.276]Hybrid Reverb

【Hybrid Reverb】を使いこなすには【Convolution IR】と【Algorithm】を知ることが重要。
そこさえ理解すれば、無限の音作りが・・・

[Vol.276]Hybrid Reverb~Ableton Live講座~Live11編#3
akim is Bassist

Live11編再生リスト

[Vol.275]Chorus-Ensemble~Ableton Live講座~Live11編#2
akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

【Hybrid Reverb】とは【コンボリューションリバーブとアルゴリズミックリバーブを組み合わせたエフェクト】と捉えればOK。

コンボリューションリバーブ

【コンボリューションリバーブ】とは【IRを使用するリバーブ】のこと。
【IR】とは【Impulse Response】の略で、【残響音の特性をオーディオファイル化したもの】です。

部屋や場所の残響音にはそれぞれ特性があります。
体育館であれば長~く残るし、狭い部屋ならほぼ残りません。
そういうような特性をオーディオファイルとして残したものが【IR】です。

アルゴリズミックリバーブ

【アルゴリズミックリバーブ】とは【デジタルで信号処理するもの】と考えればいいかと。
まあ、DAW上で使うものなので、どんな音でもデジタル処理はされてるんですが(^^ゞ

もともと【リバーブ】というのは部屋の残響音を真似するためのエフェクトです。
ですが、どこかの残響音を真似するのではなく、コンピューター的計算だけでリバーブを作るというのが【アルゴリズミックリバーブ】の最初です。

ちなみに【アルゴリズム】とは【計算、手順】を意味します。
プログラマーさんとかなら馴染みが深い単語かと。

合わせ技

コンボリューションリバーブとアルゴリズミックリバーブを組み合わせて、いろんなリバーブを作り出すことが出来るのがHybrid Reverbの面白さです。
特に、IRは自分が持っているオーディオファイルを使えるので、思いもよらないリバーブ効果を得られることも少なくありません。

いろいろ、遊んでみてください^^

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました