[Vol.276]Hybrid Reverb~Ableton Live講座~Live11編#3

Live11編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

Live11編#3~[Vol.276]Hybrid Reverb

【Hybrid Reverb】を使いこなすには【Convolution IR】と【Algorithm】を知ることが重要。
そこさえ理解すれば、無限の音作りが・・・

akim is Bassist

Live11編再生リスト

akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

【Hybrid Reverb】とは【コンボリューションリバーブとアルゴリズミックリバーブを組み合わせたエフェクト】と捉えればOK。

コンボリューションリバーブ

【コンボリューションリバーブ】とは【IRを使用するリバーブ】のこと。
【IR】とは【Impulse Response】の略で、【残響音の特性をオーディオファイル化したもの】です。

部屋や場所の残響音にはそれぞれ特性があります。
体育館であれば長~く残るし、狭い部屋ならほぼ残りません。
そういうような特性をオーディオファイルとして残したものが【IR】です。

アルゴリズミックリバーブ

【アルゴリズミックリバーブ】とは【デジタルで信号処理するもの】と考えればいいかと。
まあ、DAW上で使うものなので、どんな音でもデジタル処理はされてるんですが(^^ゞ

もともと【リバーブ】というのは部屋の残響音を真似するためのエフェクトです。
ですが、どこかの残響音を真似するのではなく、コンピューター的計算だけでリバーブを作るというのが【アルゴリズミックリバーブ】の最初です。

ちなみに【アルゴリズム】とは【計算、手順】を意味します。
プログラマーさんとかなら馴染みが深い単語かと。

合わせ技

コンボリューションリバーブとアルゴリズミックリバーブを組み合わせて、いろんなリバーブを作り出すことが出来るのがHybrid Reverbの面白さです。
特に、IRは自分が持っているオーディオファイルを使えるので、思いもよらないリバーブ効果を得られることも少なくありません。

いろいろ、遊んでみてください^^

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
直感的な楽曲制作/パフォーマンスを実現するDAWソフト、最上位モデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。スタンダードグレードのモデル。
直感的な楽曲制作やパフォーマンスを実現するDAWソフト。ベーシックな機能を凝縮したエントリーモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました