Live Liteでオーディオ編集~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#6

Live Liteでオーディオ編集~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#6 Live Liteから始めよう編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer

Live Liteから始めよう編#6~Live Liteでオーディオ編集

Recしたフレーズを編集するなら【サンプルをクロップ】と【ワープマーカー】が有効。
曲のクオリティアップは、ちょっとしたことの積み重ね。
イライラせずに。。。

Live Liteでオーディオ編集~Ableton Live講座~Live Liteから始めよう編#6
akim is Bassist

ちょっとしたまとめ

セッションビューで曲を作る場合、延々とRecを続けることが出来ます。
動画内ではBassを29小節くらいRecしてますが、もっと延々とRecすることも可能です。
フレーズが長いまま編集していくことも可能ですが、使う部分だけ切り出しちゃった方が楽といえば楽、ですよね?

そんなときに使うのが【サンプルをクロップ】です。

【クロップ】とは【切り出し】という意味です。
使いたい部分を選択して右クリックから【サンプルをクロップ】を選べばOK。

次に、オーディオのタイミングを調整しましょう。
タイミングが『ちょっと遅れた』『ちょっと早い』という調整は、細かい作業ですが重要です。
そのときに便利なのが【ワープマーカー】。

文字だけで書くのはちょっとややこしいので詳しくは動画を見てもらいたいんですが、非常に便利な機能です。
いや、便利というか強力な機能です。
【Ableton Liveを使うなら必須知識】と言っても過言では無いですよ。


動画○○編まとめ

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

アップグレード

オーソライズしたLive Liteを持っている場合は、アップグレード価格でアップグレードできます。
以下のページでご確認を。

Live、Push、Max for Live、Abletonグッズを購入 | Ableton
AbletonウェブショップでLive 10を購入

レッスンという選択肢

独学・独習だと、壁にぶち当たることがあります。
バンドのようなグループ内にいる場合は仲間からのアドバイスで解決することもありますが、DAWでの楽曲制作は1人でやることが多いので仲間が出来にくいという側面はありますよね。
そんなとき、akimに直接レッスンを受けるという選択肢があります。


僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高
世界的人気のDAW【Ableton Live】最高位エディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】実践向けエディション
世界的人気のDAW【Ableton Live】入門向けエディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました