ショートカットの進化~Live 12編15回目~Ableton Live講座[Vol.433]

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
※プロモーションが含まれている記事もあります

Live 12編

『Ableton LiveどころかDAW自体が初めて』という人にもわかってもらえることを意識しつつ、Youtube動画を随時制作&公開中。
解説はボク、Ableton認定トレーナーの【akim】がお送りします。
動画が役に立ったならYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

Ableton Certified Trainer
世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本

主要機能を備えた低価格版 ー 16トラック、5GB以上のサウンドを収録
38GB以上の音素材と、一部のインストゥルメントとエフェクトを搭載したLiveのフル機能モデル
71GB以上にも及ぶ多彩な音素材と、LiveおよびMax for Liveすべてのインストゥルメントとエフェクト搭載した最上位モデル
Ableton Live講座動画のアプリ作りました。

ショートカットの進化~Live 12編15回目

目立たないところではあるんだけど、制作のスピードに直結するのがショートカット。
『あ、これは嬉しい』というショートカットが増えていたのでご紹介。

akiMusic

Live 12編再生リスト

Live 12編

ちょっとしたまとめ

チャプター参考

1:04 枠線表示
1:49 Tabキーでフォーカスを移動
4:30 Shiftを活用
6:42 ラッチ
7:49 制作に集中するとき
10:31 Windowsの場合の注意点
12:06 今回のまとめ

枠線表示

環境設定を【Win:Ctrl , / Mac:Cmd , 】で開いて【Display & Input】で【枠線表示】をOnにします。

Tabキーでフォーカスを移動

マウスの操作が苦手な方におススメな機能ですね。

メニューバーの【画面操作→Tabキーでフォーカスを移動】にチェックを入れれば準備OK。
Tabキーでフォーカスを移動出来ます。

その代わり、アレンジメントビューとセッションビューの行き来にTabキーを使えなくなります。
なので、下記のショートカットも覚えておくのがおススメです。

  • Alt(Option)0→コントロールバー
  • Alt(Option)1→セッションビュー
  • Alt(Option)2→アレンジメントビュー
  • Alt(Option)3→クリップビュー
  • Alt(Option)4→デバイスビュー
  • Alt(Option)5→ブラウザ
  • Alt(Option)6→グルーヴプール
  • Alt(Option)7→ヘルプビュー

Shiftを活用

Liveには【コンピューターMIDIキーボード】という機能があります。
PCキーボードをMIDIキーボード代わりにするという機能です。

これをOnにすると、PCキーボードが以下のように働きます。

バンドマンこそAbleton Live~PCキーボードをMIDI鍵盤に

めっちゃ便利なんですが、この状態で【A】や【S】などのショートカットを使いたい時が困ってたんですよ、今までは。
でもこれを回避するための方法が追加されました。

それは【Shiftを押しながら】というものです。
たとえばコンピューターMIDIキーボードがOnの状態でも、Shiftを押しながらAを押せばオートメーションモードに入れます。

これ、かなり便利です。
僕は早速使っています。

ラッチ

この場合のラッチは【押しっぱなし】と捉えればいいかと。
押してる間だけ反応する、つまりキーを離したら元に戻るショートカットが出来ました。

  • A→オートメーションモード
  • B→ドローモード
  • S→選択トラックのソロ再生
  • Z→波形のズームイン

制作に集中するとき

Live 12では、アレンジメントビューでミキサーを表示出来るようになり、クリップビューとデバイスビューをスタック表示出来るようになりました。
とても便利ですが、同時にアレンジメントビューのメインレーン(タイムライン部分)が狭くなってしまうのも事実です。

そんなときには以下のショートカットがお役に立つはず。

  • ミキサー表示/非表示→Win:Ctrl Alt M / Mac:Cmd Option M(MixerのM)
  • クリップビュー表示/非表示→Win:Ctrl Alt 3 / Mac:Cmd Option 3
  • デバイスビュー表示/非表示→Win:Ctrl Alt 4 / Mac:Cmd Option 4
  • クリップビューを展開→Win:Ctrl Alt E / Mac:Cmd Option E
  • ブラウザ表示/非表示→Win:Ctrl Alt 5 / Mac:Cmd Option 5

Windowsの場合の注意点

グラボを増設している場合、グラボの設定ソフトがショートカット操作を邪魔することがあります。
グラボの設定ソフトのショートカット機能をOffにするのが1つの手です。
僕の場合は、これでLiveのショートカットがちゃんと動くようになりました。

Live 12の新機能 | Ableton
Ableton Live 12の新機能、デバイス、サウンド、 ワークフローのアップデートをチェック。
主要機能を備えた低価格版 ー 16トラック、5GB以上のサウンドを収録
38GB以上の音素材と、一部のインストゥルメントとエフェクトを搭載したLiveのフル機能モデル
71GB以上にも及ぶ多彩な音素材と、LiveおよびMax for Liveすべてのインストゥルメントとエフェクト搭載した最上位モデル

Ableton Live講座動画をアプリにまとめてみました。
以下のページにDL方法と使い方を書いてますので、お試しをば。

動画○○編まとめ

新しい【Live】登場

Ableton Liveって何?

Pushで音楽制作

プレイヤーならこれを

音楽制作を始める

音楽制作を加速させる

遊びの中から閃きを

特別

レッスンという選択肢

DAWを使っての音楽制作、もっと楽しみませんか?
楽しむためのちょっとしたTips、レッスンしてます。
お問い合わせはお気軽に♪


世界的に人気のある音楽制作ソフトであるAbleton Liveで音楽制作を始めませんか?日本では『LiveってDJがよく使うソフトでしょ?』という評価が多いようですが、そんなことはありません。『感覚で扱うことが容易だ』と、多くのバンドミュージシャンやサウンドクリエイターなどから愛されているソフトです。
僕(akim)が書いたPush2での音楽制作を始めるための本
Ableton Live を扱うなら、コレ、最高

コメント

タイトルとURLをコピーしました